16員環マクロリド抗生物質のデホルミル誘導体に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 藤原, 達郎 フジワラ, タツロウ

書誌事項

タイトル

16員環マクロリド抗生物質のデホルミル誘導体に関する研究

著者名

藤原, 達郎

著者別名

フジワラ, タツロウ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第3887号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略詰表 / p1 (0004.jp2)
  3. 緒言 / p2 (0005.jp2)
  4. 本論 / p7 (0010.jp2)
  5. 第1章 16員環マクロリドの脱ホルミル誘導体の合成と in vitro抗菌活性 / p7 (0010.jp2)
  6. 第1節 Wilkinson錯体による脱ホルミル化反応を利用した,デホルミルマクロリドの合成と in Vi tro 抗菌活性 / p8 (0011.jp2)
  7. 第2節 19-Deformy-4'-deoxydesmycosinの合成とin vitro抗菌力 / p13 (0016.jp2)
  8. 第3節 19-Deformy1-2,3-didehydro-3,4'-dideoxydesmycosinの合成とMycinamicin IV / p22 (0025.jp2)
  9. 第4節 19-Deformy1-5-0-mycaminosyltylonolde誘導体の合成と抗菌活性 / p24 (0027.jp2)
  10. 第5節 マイシノースの修飾と抗菌活性 / p28 (0031.jp2)
  11. 第6節 19-Deformyl-4'-deoxydesmycosin の3-0-アシル誘導体の合成とin vitro抗菌力 / p40 (0043.jp2)
  12. 第2章 19-Deformyldesmvcosin誘導体のin vitro抗菌力に関する詳細な評価 / p44 (0047.jp2)
  13. 第3章 19-Deformyldesmycosin誘導体のin vivo抗菌活性と体内動態 / p49 (0052.jp2)
  14. 第1節 各種動物における血中濃度と in vivo抗菌活性 / p49 (0052.jp2)
  15. 第2節 19-Deformyldesmycosin誘導体の体内動態 / p55 (0058.jp2)
  16. 第4章 19-Deformyl-4'-deoxydesmycosinの実際的な合成法の開発と微生物変換による合成に関する検討 / p58 (0061.jp2)
  17. 第1節 19-Deformyl-4'-deoxydesmycosin の実際的な合成法の開発 / p58 (0061.jp2)
  18. 第2節 微生物変換による19-Deformyl-4'-deoxydesmycosin の合成に関する検討 / p60 (0063.jp2)
  19. 結語 / p63 (0066.jp2)
  20. 謝辞 / p64 (0067.jp2)
  21. 実験の部 / p65 (0068.jp2)
  22. 文献 / p105 (0108.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073683
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073880
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237997
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ