強心活性及びCa[2+]感受性増加活性を指標としたピペリジン,ピリダジノン誘導体の合成研究

この論文をさがす

著者

    • 野本, 裕二 ノモト, ユウジ

書誌事項

タイトル

強心活性及びCa[2+]感受性増加活性を指標としたピペリジン,ピリダジノン誘導体の合成研究

著者名

野本, 裕二

著者別名

ノモト, ユウジ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第3888号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 PDE阻害剤についてのドラッグデザイン / p9 (0013.jp2)
  4. 第2章 ピペリジン誘導体の合成 / p13 (0017.jp2)
  5. 第1節 1-(4-キナゾリニル),1-(1-フタラジニル)及び1-(1.2.3-ベンゾトリアジン-4-イル)4-ピペリジルベンゾアゾール類,ベンゾアジン類及びイミダソリジン類の合成 / p13 (0017.jp2)
  6. §1 キナゾリン誘導体の合成 / p13 (0017.jp2)
  7. §2 フタラジン誘導体の合成 / p20 (0024.jp2)
  8. §3 1.2.3-ベンゾトリアジン誘導体の合成 / p24 (0028.jp2)
  9. 第2節 ピペリジン環の4位に種々の単環性5員環ヘテロ環を有する6.7-ジメトキシキナゾリン誘導体の合成 / p26 (0030.jp2)
  10. §1 3-アルキルイミダゾリジノン,イミダゾリジンチオン誘導体の合成 / p26 (0030.jp2)
  11. §2 ヒダントイン及びチオヒダントイン誘導体の合成 / p32 (0036.jp2)
  12. §3 その他の5員環を有する化合物の合成 / p40 (0044.jp2)
  13. 第3章 ピリダジノン誘導体の合成 / p47 (0051.jp2)
  14. 第1節 ベンゾチアゾール,イミダゾベンゾチアゾール誘導体の合成 / p48 (0052.jp2)
  15. 第2節 ベンゾチオフェン,キナゾリン誘導体の合成 / p52 (0056.jp2)
  16. §1 ベンゾチオフェン誘導体の合成 / p52 (0056.jp2)
  17. §2 ナゾリン誘導体の合成 / p54 (0058.jp2)
  18. 第4章 薬理試験結果と構造活性相関 / p70 (0074.jp2)
  19. 第1節 静脈内投与における強心作用 / p70 (0074.jp2)
  20. §1 ピペリジン誘導体のスクリーニング結果 / p72 (0076.jp2)
  21. §2 ピリダジノン誘導体のスクリーニング結果 / p84 (0088.jp2)
  22. 第2節 6-(4-置換アミノ 7-キナゾリニル)ピリダジノン誘導体のCa²⁺感受性増加作用 / p95 (0099.jp2)
  23. 第3節 KF15232の薬理,生化学的作用 / p100 (0104.jp2)
  24. 結語 / p107 (0111.jp2)
  25. 謝辞 / p108 (0112.jp2)
  26. 実験の部 / p109 (0113.jp2)
  27. 引用文献 / p135 (0139.jp2)
  28. 論文目録 / p140 (0144.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073684
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073881
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237998
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ