TXA[2]/PGH[2]アンタゴニストとPGI[2]様作用化合物の分子設計と化学合成

この論文をさがす

著者

    • 冨山, 剛 トミヤマ, ツヨシ

書誌事項

タイトル

TXA[2]/PGH[2]アンタゴニストとPGI[2]様作用化合物の分子設計と化学合成

著者名

冨山, 剛

著者別名

トミヤマ, ツヨシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第3891号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0016.jp2)
  2. 序論 / p1 (0017.jp2)
  3. 第1章 アズレン誘導体によるTXA₂/PGH₂アンタゴニストの合成 / p8 (0021.jp2)
  4. 第1節 活性改善の検討 / p13 (0023.jp2)
  5. 第2節 無置換,6-置換又は7-置換-3-アルキルアズレン-1-スルホンアミド誘導体の合成 / p15 (0024.jp2)
  6. 第3節 無置換,6-置換又は7-置換-4-メトキシ-3-アルキルアズレン-1-スルホンアミド誘導体の合成 / p19 (0026.jp2)
  7. 第4節 無置換,6-置換又は7-置換-3-アリール-スルホニルアミノアルキルアズレン-1-カルボン酸誘導体の合成 / p20 (0027.jp2)
  8. 第2章 アズレン誘導体のTXA₂/PGH₂アンタゴニスト作用の薬理学的評価 / p21 (0027.jp2)
  9. 第1節 1-スルホンアミド誘導体の薬理活性 / p23 (0028.jp2)
  10. 第2節 3-スルホンアミド誘導体の薬理活性 / p26 (0030.jp2)
  11. 第3章 6-イソ-プロピル-3-アラルキルスルホニルアミノアルキルアズレン-1-カルボン酸の最適化と二次評価 / p28 (0031.jp2)
  12. 第1節 NHSO₂部のBioisostereの可能性の検討 / p29 (0031.jp2)
  13. 第2節 Pheny1基の置換基効果の検討 / p31 (0032.jp2)
  14. 第3節 COOH基を類似カルボン酸又はスルホン酸に変換 / p32 (0033.jp2)
  15. 第4節 アズレンの3位側鎖の修飾 / p34 (0034.jp2)
  16. 第5節 化合物46jの二次評価 / p36 (0035.jp2)
  17. 第4章 PGI₂アゴニスト誘導体の合成 / p40 (0037.jp2)
  18. 第1節 カルバサイクリン誘導体の合成(A法) / p42 (0038.jp2)
  19. 第2節 13,14-デヒドロ或いは13,14-ジヒドロカルバサイクリン誘導体(B,C法) / p47 (0040.jp2)
  20. 第3節 β-ケト-ホスホネートの合成 / p49 (0041.jp2)
  21. 第5章 PGI₂アゴニスト誘導体の薬理学的評価 / p50 (0042.jp2)
  22. 第1節 PGI₂アゴニストの薬理学的評価 / p50 (0042.jp2)
  23. 第2節 経口活性の評価 / p55 (0044.jp2)
  24. 第6章 分子グラフィックスによる考察 / p57 (0045.jp2)
  25. 結語 / p62 (0048.jp2)
  26. 謝辞 / p63 (0048.jp2)
  27. 実験の部 / p64 (0049.jp2)
  28. 第1章の実験 / p65 (0049.jp2)
  29. 第3章の実験 / p85 (0059.jp2)
  30. 第4章の実験 / p107 (0070.jp2)
  31. 引用文献 / p127 (0080.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073687
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073884
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000238001
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ