汚損がいしのフラッシオーバ現象に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 正志 サトウ, マサシ

書誌事項

タイトル

汚損がいしのフラッシオーバ現象に関する基礎的研究

著者名

佐藤, 正志

著者別名

サトウ, マサシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

3902号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

3, 232p.

Hokkaido University (北海道大学). 博士(工学)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p4 (0007.jp2)
  4. 1. 1 本研究の背景 / p4 (0007.jp2)
  5. 1. 2 従来の研究の概要 / p6 (0008.jp2)
  6. 1. 3 本研究の目的 / p13 (0011.jp2)
  7. 1. 4 本研究の内容 / p15 (0012.jp2)
  8. 参考文献 / p20 (0015.jp2)
  9. 第2章 汚損がいし面上における交流再点弧特性 / p26 (0018.jp2)
  10. 2. 1 まえがき / p26 (0018.jp2)
  11. 2. 2 実験の概要 / p28 (0019.jp2)
  12. 2. 3 再点弧電圧とアーク電圧の周期的変化 / p33 (0021.jp2)
  13. 2. 4 全面汚損時の再点弧電圧特性 / p35 (0022.jp2)
  14. 2. 5 部分汚損時の再点弧電圧特性 / p50 (0030.jp2)
  15. 2. 6 まとめ / p63 (0036.jp2)
  16. 参考文献 / p66 (0038.jp2)
  17. 第3章 方形汚損帯の交流フラッシオーバ電圧と電圧上昇率との関係 / p69 (0039.jp2)
  18. 3. 1 まえがき / p69 (0039.jp2)
  19. 3. 2 実験方法 / p71 (0040.jp2)
  20. 3. 3 フラッシオーバ電圧 / p74 (0042.jp2)
  21. 3. 4 最低フラッシオーバ電界強度Eʙ / p78 (0044.jp2)
  22. 3. 5 フラッシオーバ前の局部アーク放電 / p85 (0047.jp2)
  23. 3. 6 考察 / p93 (0051.jp2)
  24. 3. 7 まとめ / p103 (0056.jp2)
  25. 参考文献 / p105 (0057.jp2)
  26. 第4章 不平等に汚損されたがいしモデルの交流フラッシオーバ特性 / p108 (0059.jp2)
  27. 4. 1 まえがき / p108 (0059.jp2)
  28. 4. 2 試料および実験方法 / p110 (0060.jp2)
  29. 4. 3 非汚損部が中央にある場合 / p114 (0062.jp2)
  30. 4. 4 非汚損部が偏在している場合 / p122 (0066.jp2)
  31. 4. 5 考察 / p131 (0070.jp2)
  32. 4. 6 まとめ / p138 (0074.jp2)
  33. 参考文献 / p140 (0075.jp2)
  34. 第5章 実用がいし類を模擬した台形汚損帯における交流フラッシオーバ特性 / p142 (0076.jp2)
  35. 5. 1 まえがき / p142 (0076.jp2)
  36. 5. 2 実験の概要 / p144 (0077.jp2)
  37. 5. 3 実験結果 / p150 (0080.jp2)
  38. 5. 4 考察 / p159 (0084.jp2)
  39. 5. 5 まとめ / p179 (0094.jp2)
  40. 参考文献 / p181 (0095.jp2)
  41. 第6章 氷結時における汚損がいしのフラッシオーバ現象の基礎特性 / p184 (0097.jp2)
  42. 6. 1 まえがき / p184 (0097.jp2)
  43. 6. 2 実験方法 / p186 (0098.jp2)
  44. 6. 3 氷結時の塩分付着密度 / p189 (0099.jp2)
  45. 6. 4 氷結状態によるフラッシオーバ特性の差異 / p192 (0101.jp2)
  46. 6. 5 同一塩分付着密度で氷結状態が異なる場合のフラッシオーバ特性 / p207 (0108.jp2)
  47. 6. 6 まとめ / p216 (0113.jp2)
  48. 参考文献 / p217 (0113.jp2)
  49. 第7章 結論 / p219 (0114.jp2)
  50. 7. 1 本研究の主要な結果 / p219 (0114.jp2)
  51. 7. 2 本研究の工学的意義 / p227 (0118.jp2)
  52. 7. 3 今後に残された問題点 / p230 (0120.jp2)
  53. 謝辞 / p232 (0121.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073698
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073895
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000238012
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ