複合材料の強化材の角部等における応力特異性解析

この論文をさがす

著者

    • 河野, 好秀 コウノ, ヨシヒデ

書誌事項

タイトル

複合材料の強化材の角部等における応力特異性解析

著者名

河野, 好秀

著者別名

コウノ, ヨシヒデ

学位授与大学

電気通信大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

博甲第6号

学位授与年月日

1991-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p3 (0005.jp2)
  3. 1.1 背景及び目的 / p3 (0005.jp2)
  4. 1.2 本研究で用いている解析手段 / p5 (0007.jp2)
  5. 1.3 検討内容 / p9 (0011.jp2)
  6. 2 強化繊維端角部における特異応力、変位場特性 / p19 (0021.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p19 (0021.jp2)
  8. 2.2 問題の設定 / p20 (0022.jp2)
  9. 2.3 応力関数を用いた展開 / p21 (0023.jp2)
  10. 2.4 第2章の結論 / p25 (0027.jp2)
  11. 3 強化繊維端き裂の特性方程式とその解法について / p35 (0037.jp2)
  12. 3.1 はじめに / p35 (0037.jp2)
  13. 3.2 特性方程式の導出 / p36 (0038.jp2)
  14. 3.3 特性方程式の解法と解 / p38 (0040.jp2)
  15. 3.4 第3章の結論 / p43 (0045.jp2)
  16. 4 異材界面き裂端部の特異応力、変位場特性と新しい応力関数について / p50 (0052.jp2)
  17. 4.1 はじめに / p50 (0052.jp2)
  18. 4.2 特性方程式の導出 / p51 (0053.jp2)
  19. 4.3 新しい応力関数の導入 / p55 (0057.jp2)
  20. 4.4 き裂先端の特異応力、変位分布とエネルギ解放率 / p60 (0062.jp2)
  21. 4.5 第4章の結論 / p64 (0066.jp2)
  22. Appendix;Williamsの応力関数の係数関係について / p67 (0069.jp2)
  23. 5 正方形状の剛体介在物と孔の角部における特異性解析(第1種、第2種境界値問題としての解法) / p74 (0076.jp2)
  24. 5.1 はじめに / p74 (0076.jp2)
  25. 5.2 写像関数を用いた展開 / p75 (0077.jp2)
  26. 5.3 応力特異性の解析 / p80 (0082.jp2)
  27. 5.4 解析結果 / p83 (0085.jp2)
  28. 5.5 第5章の結論 / p84 (0086.jp2)
  29. 6 多角形剛体介在物の界面き裂の解析(混合形境界値問題としての解法) / p90 (0092.jp2)
  30. 6.1 はじめに / p90 (0092.jp2)
  31. 6.2 正多角形剛体介在物の界面き裂 / p91 (0093.jp2)
  32. 6.3 正多角形剛体介在物の界面き裂の応力拡大係数 / p97 (0099.jp2)
  33. 6.4 長方形剛体介在物の界面き裂 / p100 (0102.jp2)
  34. 6.5 長方形剛体介在物の界面き裂の応力拡大係数 / p103 (0105.jp2)
  35. 6.6 長方形剛体介在物の角部を回り込んだ界面き裂の応力拡大係数 / p107 (0109.jp2)
  36. 6.7 長方形剛体介在物の角部まで至らない繊維端き裂の応力拡大係数 / p111 (0113.jp2)
  37. 6.8 第6章の結論 / p113 (0115.jp2)
  38. 7 本研究のまとめと結論 / p139 (0141.jp2)
  39. 7.1 各章の主な内容および解析結果 / p139 (0141.jp2)
  40. 7.2 本研究のまとめと結論 / p141 (0143.jp2)
  41. 8 謝辞 / p145 (0147.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073746
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073943
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000238060
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ