ナミテントウ野外個体群の生態学的研究

この論文をさがす

著者

    • 大澤, 直哉 オオサワ, ナオヤ

書誌事項

タイトル

ナミテントウ野外個体群の生態学的研究

著者名

大澤, 直哉

著者別名

オオサワ, ナオヤ

学位授与大学

京都大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第4830号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第4830号

農博第668号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 緒言 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2章 材料と方法 / p4 (0010.jp2)
  5. 1 生活史の概要 / p4 (0010.jp2)
  6. 2 調査場所と方法 / p6 (0012.jp2)
  7. 第3章 個体群をとりまく生態環境 / p14 (0020.jp2)
  8. 1 はじめに / p14 (0020.jp2)
  9. 2 餌資源としてのアブラムシ類の個体群動態 / p15 (0021.jp2)
  10. 3 アブラムシ類の捕食者群集の構成と本種の生態的地位 / p54 (0060.jp2)
  11. 4 考察 / p66 (0072.jp2)
  12. 第4章 個体群動態 / p69 (0075.jp2)
  13. 1 はじめに / p69 (0075.jp2)
  14. 2 成虫個体数の季節的・年次的変動 / p70 (0076.jp2)
  15. 3 生命表と変動主要因分析 / p74 (0080.jp2)
  16. 4 各発育段階における死亡要因の解析 / p86 (0092.jp2)
  17. 5 考察 / p97 (0103.jp2)
  18. 第5章 個体群過程 / p102 (0108.jp2)
  19. 1 成虫の移動分散と餌密度 / p102 (0108.jp2)
  20. 2 交尾の過程と鞘翅色斑に関する選択 / p114 (0120.jp2)
  21. 3 産卵消長と産卵場所選択 / p133 (0139.jp2)
  22. 4 幼虫の共食いとその進化的意義 / p143 (0149.jp2)
  23. 第6章 総合考察 / p159 (0165.jp2)
  24. 1 ナミテントウの個体群特性 / p159 (0165.jp2)
  25. 2 ナミテントウの捕食者としての役割 / p162 (0168.jp2)
  26. 摘要 / p166 (0172.jp2)
  27. 謝辞 / p169 (0175.jp2)
  28. 引用文献 / p171 (0177.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073918
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000074115
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000238232
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ