乳児ボツリヌス症起因A型ボツリヌス菌の細菌学的研究

この論文をさがす

著者

    • 旅田, 一衛 タビタ, カズエ

書誌事項

タイトル

乳児ボツリヌス症起因A型ボツリヌス菌の細菌学的研究

著者名

旅田, 一衛

著者別名

タビタ, カズエ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

獣医学博士

学位授与番号

乙第644号

学位授与年月日

1991-03-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 菌株の生化学的性状と血球凝集素産生性 / p11 (0015.jp2)
  4. 序文 / p11 (0015.jp2)
  5. 材料と方法 / p12 (0016.jp2)
  6. 1. 使用菌株 / p12 (0016.jp2)
  7. 2. 菌株の生化学的性状 / p13 (0017.jp2)
  8. 3. 血球凝集素活性の測定 / p14 (0019.jp2)
  9. 成績 / p15 (0020.jp2)
  10. 1. 菌株の生化学的性状 / p15 (0020.jp2)
  11. 2. 血球凝集素産生性 / p17 (0023.jp2)
  12. 考察 / p17 (0023.jp2)
  13. 小括 / p19 (0026.jp2)
  14. 第2章 毒素の分子量と抗原性 / p20 (0027.jp2)
  15. 序文 / p20 (0027.jp2)
  16. 材料と方法 / p21 (0028.jp2)
  17. 1. 毒素分子量の測定 / p21 (0028.jp2)
  18. 2. 抗原性の検討 / p22 (0029.jp2)
  19. 3. SDSポリアクリルアミドゲル電気泳動 / p23 (0030.jp2)
  20. 成績 / p24 (0031.jp2)
  21. 1. 毒素産生量 / p24 (0031.jp2)
  22. 2. 毒素の分子量 / p24 (0031.jp2)
  23. 3. 毒素の抗原性 / p25 (0033.jp2)
  24. 4. SDS-PAGEの成績 / p26 (0038.jp2)
  25. 考察 / p28 (0049.jp2)
  26. 小括 / p31 (0052.jp2)
  27. 第3章 乳飲みマウス腸内ボツリヌス毒素産生性 / p33 (0054.jp2)
  28. 序文 / p33 (0054.jp2)
  29. 材料と方法 / p34 (0055.jp2)
  30. 1. 芽胞の調製 / p34 (0055.jp2)
  31. 2. 乳飲みマウスの経口投与試験 / p35 (0056.jp2)
  32. 3. ID₅₀の算出 / p36 (0057.jp2)
  33. 成績 / p36 (0057.jp2)
  34. 1. 芽胞投与27-29時間後の成績 / p36 (0057.jp2)
  35. 2. 芽胞投与3日後の成績 / p37 (0058.jp2)
  36. 考察 / p37 (0058.jp2)
  37. 小括 / p40 (0063.jp2)
  38. 総合考察 / p41 (0064.jp2)
  39. 結語 / p49 (0072.jp2)
  40. 謝辞 / p51 (0074.jp2)
  41. 引用文献 / p52 (0075.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074035
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000074232
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000238349
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ