カドミウムによる精巣発癌機構に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 李, 緻剛 リ, チカン

書誌事項

タイトル

カドミウムによる精巣発癌機構に関する基礎的研究

著者名

李, 緻剛

著者別名

リ, チカン

学位授与大学

千葉大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第833号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第一章 発癌用量のカドミウム投与一年間のラット精巣の形態変化及び毒性学的変化 / p3 (0005.jp2)
  4. 第一節 発癌用量のカドミウム投与一年間のラット精巣の形態変化 / p5 (0006.jp2)
  5. 第二節 発癌用量のカドミウム投与後一年間の精巣における毒性学的変化 / p7 (0007.jp2)
  6. 第三節 Leydig細胞のCaATPase及びカルシウム濃度に及ぼすカドミウムの影響 / p10 (0009.jp2)
  7. 第四節 考察 / p25 (0016.jp2)
  8. 第二章 発癌用量のカドミウム投与後の精巣における毒性学的影響特に酸化ストレストそれに対する防御機構 / p27 (0017.jp2)
  9. 第一節 発癌用量の精巣組織、精巣Leydig細胞及び精巣Leydig細胞核における過酸化脂質濃度及びLeydig細胞における過酸化水素の濃度 / p28 (0018.jp2)
  10. 第二節 発癌用量のカドミウム投与の精巣における酸化的ストレスに対する防御系 / p31 (0019.jp2)
  11. 第三節 考察 / p47 (0027.jp2)
  12. 第三章 カドミウムによる精巣発癌のイニシエーション機溝に関する研究 / p49 (0028.jp2)
  13. 第一節 精巣Leydig細胞核へのカドミウムの蓄積及び分布 / p51 (0029.jp2)
  14. 第二節 精巣Leydig細胞におけるカドミウム、過酸化水素、鉄DNA損傷性及び過酸化水素の損傷性に対するカルシウムの影響 / p54 (0031.jp2)
  15. 第三節 過酸化水素及び鉄誘導のDNA損傷性に及ぼすグルタチオン、エタノール及び亜鉛の影響 / p57 (0032.jp2)
  16. 第四節 考察 / p72 (0040.jp2)
  17. 第四章 カドミウムによる精巣発癌の組織及び細胞特異性 / p76 (0042.jp2)
  18. 第一節 発癌用量のカドミウム投与12時間及び3週間後の肝臓、腎臓及び精巣中のカドミウム濃度及び単離肝細胞、精巣実質Sertoli細胞間質Leydig細胞におけるカドミウムの取り込み / p77 (0042.jp2)
  19. 第二節 精巣Leydig細胞、精巣Sertoli細胞及び肝細胞のカドミウムに対する感受性について / p80 (0044.jp2)
  20. 第三節 考察 / p88 (0048.jp2)
  21. 総括 / p90 (0049.jp2)
  22. 謝辞 / p92 (0050.jp2)
  23. 参考文献 / p93 (0050.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074221
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000074418
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000238535
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ