肝薬物代謝酵素誘導の毒性学的研究

この論文をさがす

著者

    • 佐神, 文郎 サガミ, フミオ

書誌事項

タイトル

肝薬物代謝酵素誘導の毒性学的研究

著者名

佐神, 文郎

著者別名

サガミ, フミオ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第1148号

学位授与年月日

1991-03-06

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第I編 クロマナミン誘導体によるチトクロームP-450の誘導と阻害 / p4 (0006.jp2)
  4. 第1章 クロマナミン誘導体(N76H6S)のラット肝チトクロームP-450に及ぼす影響 / p5 (0006.jp2)
  5. 第2章 N76H6Sによるラット肝チトクロームP-450分子種の変動 / p8 (0008.jp2)
  6. 第3章 N76H6S前処理ラット肝小葉内のチトクロームP-450の免疫組織化学的検討 / p11 (0009.jp2)
  7. 第4章 N76H6Sの肝薬物代謝酵素阻害作用 / p16 (0012.jp2)
  8. 第5章 N76H6S連続投与のラット肝への影響 / p18 (0013.jp2)
  9. 第6章 考察 / p22 (0015.jp2)
  10. 第II編 メチレンジオキシフェニル誘導体によるチトクロームP-450の誘導 / p24 (0016.jp2)
  11. 第1章 各種メチレンジオキシフェニル誘導体によるチトクロームP-450分子種の誘導 / p25 (0016.jp2)
  12. 第2章 チトクロームP-450の分子種の誘導と構造相関 / p45 (0026.jp2)
  13. 第3章 各種メチレンジオキシフェニル誘導体の肝毒性 / p51 (0029.jp2)
  14. 第4章 考察 / p58 (0033.jp2)
  15. 第III編 スピロヒダントイン誘導体によるチトクロームP-450の誘導 / p61 (0034.jp2)
  16. 第1章 各種スピロヒダントイン誘導体投与による肝薬物代謝酵素の変動 / p62 (0035.jp2)
  17. 第2章 スピロヒダントイン誘導体によるチトクロームP-450分子種の誘導と構造相関 / p77 (0042.jp2)
  18. 第3章 スピロヒダントイン誘導体の連続投与によるラット肝への影響 / p81 (0044.jp2)
  19. 第4章 ステロイドで誘導されるチトクロームP-450(P-450PCN)のラット肝小葉内の免疫組織化学的局在とM79193投与による変動 / p90 (0049.jp2)
  20. 第5章 考察 / p92 (0050.jp2)
  21. 第IV編 モノバクタム系抗生物質Aztreonamによる内在性チトクロームP-450の変動 / p96 (0052.jp2)
  22. 第1章 Aztreonamのラット肝薬物代謝酵素活性と内因性基質の酸化に及ぼす影響 / p97 (0052.jp2)
  23. 第2章 Aztreonamのラット肝薬物代謝酵素活性と肝機能に及ぼす影響 / p100 (0054.jp2)
  24. 第3章 雄ラットにおける内在性チロクロームP-450、P-450(M-1)の肝小葉内の免疫組織化学的局在とAztreonam投与による変動 / p102 (0055.jp2)
  25. 第4章 考察 / p104 (0056.jp2)
  26. 総括 / p106 (0057.jp2)
  27. 謝辞 / p110 (0059.jp2)
  28. 掲載雑誌目録 / p111 (0059.jp2)
  29. 引用文献 / p112 (0060.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074286
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000074483
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000238600
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ