大腸菌のアルカリ性耐性に関与する遺伝子の解析

この論文をさがす

著者

    • 石川, 哲也 イシカワ, テツヤ

書誌事項

タイトル

大腸菌のアルカリ性耐性に関与する遺伝子の解析

著者名

石川, 哲也

著者別名

イシカワ, テツヤ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

甲第945号

学位授与年月日

1991-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略号 / (0005.jp2)
  3. 第一章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一節 はじめに ─生命とは?─ / p1 (0006.jp2)
  5. 第二節 細胞内環境の調節 / p2 (0007.jp2)
  6. 第三節 大腸菌における細胞内pHの調節 / p4 (0008.jp2)
  7. 第四節 動物細胞における細胞内pHの調節 / p5 (0008.jp2)
  8. 第五節 能動輸送系 / p6 (0009.jp2)
  9. 第一項 能動輸送系 / p6 (0009.jp2)
  10. 第二項 細胞のエネルギー状態と能動輸送 / p8 (0010.jp2)
  11. 第三項 [化学式]及び[化学式]と能動輸送 / p9 (0010.jp2)
  12. 第六節 Na⁺/H⁺アンチポーター / p10 (0011.jp2)
  13. 第一項 細胞における役割 / p10 (0011.jp2)
  14. 第二項 遺伝学的解析 / p12 (0012.jp2)
  15. 第七節 本研究の目的 / p12 (0012.jp2)
  16. 第二章 Na⁺/H⁺アンチポーター欠損変異株の分離及びその性質 / p15 (0013.jp2)
  17. 第一節 要約 / p15 (0013.jp2)
  18. 第二節 緒言 / p15 (0013.jp2)
  19. 第三節 実験材料及び方法 / p16 (0014.jp2)
  20. 第一項 菌株及び培養条件 / p16 (0014.jp2)
  21. 第二項 変異原処理 / p16 (0014.jp2)
  22. 第三項 Na⁺選択性電極によるNa⁺濃度変化の測定 / p17 (0014.jp2)
  23. 第四項 O₂パルスによるH⁺の排出と取り込みの測定 / p17 (0014.jp2)
  24. 第五項 反転膜小胞の調製 / p18 (0015.jp2)
  25. 第六項 蛍光クェンチング法によるNa⁺/H⁺アンチポーター活性の測定 / p18 (0015.jp2)
  26. 第七項 細胞内pHの測定 / p18 (0015.jp2)
  27. 第八項 試薬及びその他の測定 / p19 (0015.jp2)
  28. 第四節 Na⁺/H⁺アンチポーター欠損変異株の分離 / p20 (0016.jp2)
  29. 第一項 セリンを炭素源として生育できない株の分離 / p20 (0016.jp2)
  30. 第二項 Na⁺/H⁺アンチポーター欠損変異株の選択 / p21 (0016.jp2)
  31. 第三項 Na⁺/H⁺アンチポート活性の測定 / p23 (0017.jp2)
  32. 第四項 Na⁺/H⁺アンチポート活性の減少した変異株の分離 / p25 (0018.jp2)
  33. 第五節 Na⁺/H⁺アンチポーター欠損変異株の性質 / p27 (0019.jp2)
  34. 第一項 HIT-1のTanaka培地+S-GITでの生育 / p27 (0019.jp2)
  35. 第二項 HIT-1のアルカリ性環境下での生育 / p27 (0019.jp2)
  36. 第三項 W3133-2株及びHIT-1株におけるアルカリ性環境下での細胞内pHの調節 / p30 (0021.jp2)
  37. 第四項 高Na⁺濃度下及び高Li⁺濃度下でのHIT-1の生育 / p31 (0021.jp2)
  38. 第五項 復帰変異株の分離 / p36 (0024.jp2)
  39. 第六節 考察 / p36 (0024.jp2)
  40. 第三章 HIT-1株をアルカリ性耐性にする遺伝子のクローニング / p39 (0025.jp2)
  41. 第一節 要約 / p39 (0025.jp2)
  42. 第二節 緒言 / p39 (0025.jp2)
  43. 第三節 材料及び方法 / p40 (0026.jp2)
  44. 第一項 菌株及び培養条件 / p40 (0026.jp2)
  45. 第二項 染色体DNA及びプラスミドDNAの調整 / p40 (0026.jp2)
  46. 第三項 プラスミドの導入 / p41 (0026.jp2)
  47. 第四項 細胞内pHの測定 / p41 (0026.jp2)
  48. 第五項 試薬及びその他の測定 / p41 (0026.jp2)
  49. 第四節 結果 / p42 (0027.jp2)
  50. 第一項 クローニングの際の条件設定 / p42 (0027.jp2)
  51. 第二項 大腸菌及びネズミチフス菌のアルカリ性耐性に関与する遺伝子のクローニング / p42 (0027.jp2)
  52. 第三項 アルカリ性培地での生育 / p43 (0027.jp2)
  53. 第四項 アルカリ性環境下での細胞内pHの調節 / p45 (0028.jp2)
  54. 第五項 得られたトランスフォーマントのNa⁺/H⁺アンチポート活性 / p47 (0029.jp2)
  55. 第六項 クローニングしたDNAの解析 / p49 (0030.jp2)
  56. 第五節 考察 / p50 (0031.jp2)
  57. 第四章 大腸菌のアルカリ性耐性に関与する遺伝子の解析-alp遺伝子の解析- / p51 (0031.jp2)
  58. 第一節 要約 / p51 (0031.jp2)
  59. 第二節 緒言 / p51 (0031.jp2)
  60. 第三節 実験材料及び方法 / p52 (0032.jp2)
  61. 第一項 菌株、プラスミド及び培養条件 / p52 (0032.jp2)
  62. 第二項 サブクローニングの方法及びディリーションプラスミドの作製 / p52 (0032.jp2)
  63. 第三項 DNA塩基配列の決定 / p53 (0032.jp2)
  64. 第四項 タンパク質の〔³⁵S〕-メチオニンによる標識 / p53 (0032.jp2)
  65. 第五項 試薬及びその他の解析法 / p54 (0033.jp2)
  66. 第四節 結果 / p54 (0033.jp2)
  67. 第一項 alp遺伝子の位置 / p54 (0033.jp2)
  68. 第二項 alp遺伝子の塩基配列 / p54 (0033.jp2)
  69. 第三項 AlpAタンパク質の性質 / p58 (0035.jp2)
  70. 第四項 AlpBタンパク質の性質 / p58 (0035.jp2)
  71. 第五項 alp遺伝子産物の検出 / p62 (0037.jp2)
  72. 第六項 アルカリ性耐性に関与するタンパク質はいずれか / p65 (0038.jp2)
  73. 第五節 考察 / p66 (0039.jp2)
  74. 第五章 総括と展望 / p69 (0040.jp2)
  75. 謝辞 / p72 (0042.jp2)
  76. 参考文献 / p73 (0042.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074389
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000074586
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000238703
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ