5-トリフルオロメチルデオキシウリジン誘導体の抗腫瘍効果とその有用性

この論文をさがす

著者

    • 武田, 節夫 タケダ, セツオ

書誌事項

タイトル

5-トリフルオロメチルデオキシウリジン誘導体の抗腫瘍効果とその有用性

著者名

武田, 節夫

著者別名

タケダ, セツオ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第948号

学位授与年月日

1991-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0005.jp2)
  3. 略号 / p4 (0007.jp2)
  4. I.序論 / p6 (0008.jp2)
  5. II.材料および方法 / p13 (0011.jp2)
  6. 1.薬剤 / p13 (0011.jp2)
  7. 2.細胞培養 / p13 (0011.jp2)
  8. 3.抗腫瘍活性の測定 / p14 (0012.jp2)
  9. 4.治療係数の算出 / p14 (0012.jp2)
  10. 5.FUra耐性腫瘍株の作成 / p15 (0012.jp2)
  11. 6.細胞内代謝物の分析 / p16 (0013.jp2)
  12. 7.酵素活性の測定 / p17 (0013.jp2)
  13. 8.薬剤経口投与後の血液および組織中CF₃dUrd濃度の測定 / p18 (0014.jp2)
  14. 9.CF₃dUrd血中濃度測定値からの体内動態評価法 / p19 (0014.jp2)
  15. 10.FTC-092の加水分解率の測定 / p19 (0014.jp2)
  16. 11.FTC-092の各組織粗酵素液での代謝 / p19 (0014.jp2)
  17. 12.マウス肝細胞からの成分分画法 / p20 (0015.jp2)
  18. 13.腫瘍内チミジレートシンセターゼ阻害率の測定 / p21 (0015.jp2)
  19. III.結果 / p23 (0016.jp2)
  20. 第1章 CF₃dUrdの有用性 / p23 (0016.jp2)
  21. 1.CF₃dUrdおよびFUraの腫瘍または正常細胞における殺細胞活性 / p23 (0016.jp2)
  22. 2.CF₃dUrdの腫瘍細胞および正常細胞中での代謝 / p26 (0018.jp2)
  23. 3.CF₃dUrdの腫瘍および正常組織粗酵素液中でのリン酸化 / p26 (0018.jp2)
  24. 4.FUra耐性腫瘍株の樹立とそれらの耐性度 / p29 (0019.jp2)
  25. 5.FUra耐性L1210に対するCF₃dUrdの抗腫瘍効果 / p29 (0019.jp2)
  26. 6.FUra耐性腫瘍株における細胞内代謝 / p33 (0021.jp2)
  27. 7.FUra耐性腫瘍株における代謝酵素の変化 / p35 (0022.jp2)
  28. 8.CF₃dUrdのin vitro殺細胞様式の検討 / p38 (0024.jp2)
  29. 9.CF₃dUrdの抗腫瘍効果におよぼす投与スケジュールの影響 / p38 (0024.jp2)
  30. 10.CF₃dUrdの特徴 / p40 (0025.jp2)
  31. 第2章 CF₃dUrd誘導体の抗腫瘍効果とその特徴 / p42 (0026.jp2)
  32. 1.CF₃dUrdアシル誘導体の抗腫瘍効果 / p42 (0026.jp2)
  33. 2.CF₃dUrdアルコキシアルキル誘導体の抗腫瘍効果 / p43 (0026.jp2)
  34. 3.CF₃dUrdアルキル誘導体の抗腫瘍効果 / p49 (0029.jp2)
  35. 4.CF₃dUrd誘導体経口投与後の血中CF₃dUrd濃度推移 / p51 (0030.jp2)
  36. 5.CF₃dUrd 誘導体の生体内動態評価 / p53 (0031.jp2)
  37. 6.CF₃dUrd誘導体の治療係数 / p53 (0031.jp2)
  38. 7.CF₃dUrd誘導体の特徴 / p57 (0033.jp2)
  39. 第3章 FTC-092の抗腫瘍効果発現機序とその有用性 / p59 (0034.jp2)
  40. 1.FTC-092およびその関連薬剤の抗腫瘍活性 / p59 (0034.jp2)
  41. 2.FTC-092の水溶液中での安定性 / p59 (0034.jp2)
  42. 3.FTC-092の活性化酵素の組織間分布 / p62 (0036.jp2)
  43. 4.FTC-092の各種肝細胞内成分分画での活性化 / p65 (0037.jp2)
  44. 5.FTC-092およびCF₃dUrd経口投与後の血中および消化管組織中CF₃dUrd濃度分布の比較 / p65 (0037.jp2)
  45. 6.FTC-092が最も高い抗腫瘍効果を発現する投与スケジュールの検討 / p68 (0039.jp2)
  46. 7.FTC-092の抗腫瘍効果 / p70 (0040.jp2)
  47. 8.FTC-092のFUra耐性腫瘍における抗腫瘍効果 / p72 (0041.jp2)
  48. 9.FTC-092の腫瘍内チミジレートシンセターゼ阻害作用 / p72 (0041.jp2)
  49. 10.FTC-092の特徴 / p75 (0042.jp2)
  50. IV.考察 / p77 (0043.jp2)
  51. V.文献 / p82 (0046.jp2)
  52. VI.謝辞 / p97 (0053.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074392
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000074589
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000238706
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ