ミトコンドリアにおける透過担体と膜機能の制御

この論文をさがす

著者

    • 小池, 晴彦 コイケ, ハルヒコ

書誌事項

タイトル

ミトコンドリアにおける透過担体と膜機能の制御

著者名

小池, 晴彦

著者別名

コイケ, ハルヒコ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第583号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0004.jp2)
  3. 目次 / (0008.jp2)
  4. 第1章 緒言 / p1 (0010.jp2)
  5. 1.1 生体膜 / p1 (0010.jp2)
  6. 1.2 ミトコンドリアと酸化的リン酸化 / p2 (0011.jp2)
  7. 1.3 脱共役作用 / p3 (0011.jp2)
  8. 1.4 透過担体 / p6 (0013.jp2)
  9. 1.5 研究の目的 / p8 (0014.jp2)
  10. 第2章 強力なリン酸透過担体の阻害剤の開発 / p9 (0014.jp2)
  11. 2.1 諸言 / p9 (0014.jp2)
  12. 2.2 実験の部 / p10 (0015.jp2)
  13. 2.3 結果 / p12 (0016.jp2)
  14. 2.4 考察 / p16 (0018.jp2)
  15. 第3章 新しいタイプのイオン選択性電極の作製 / p19 (0019.jp2)
  16. 3.1 諸言 / p19 (0019.jp2)
  17. 3.2 実験の部 / p20 (0020.jp2)
  18. 3.3 結果及び考察 / p22 (0021.jp2)
  19. 第4章 Cd²⁺の脱共役メカニズムの解明(1)-なぜ無機リン酸が必要なのか?- / p26 (0023.jp2)
  20. 4.1 諸言 / p26 (0023.jp2)
  21. 4.2 実験の部 / p27 (0023.jp2)
  22. 4.3 結果 / p29 (0024.jp2)
  23. 4.4 考察 / p36 (0028.jp2)
  24. 第5章 Cd²⁺の脱共役メカニズムの解明(2)-ヌクレオチド透過担体の関与- / p40 (0030.jp2)
  25. 5.1 諸言 / p40 (0030.jp2)
  26. 5.2 実験の部 / p41 (0030.jp2)
  27. 5.3 結果 / p42 (0031.jp2)
  28. 5.4 考察 / p49 (0034.jp2)
  29. 第6章 Ag⁺の脱共役メカニズムの解明 / p53 (0036.jp2)
  30. 6.1 諸言 / p53 (0036.jp2)
  31. 6.2 実験の部 / p53 (0036.jp2)
  32. 6.3 結果 / p54 (0037.jp2)
  33. 6.4 考察 / p59 (0039.jp2)
  34. 第7章 リン酸透過担体及びヌクレオチド透過担体に存在する機能性SH基の検索 / p61 (0040.jp2)
  35. 7.1 諸言 / p61 (0040.jp2)
  36. 7.2 実験の部 / p63 (0041.jp2)
  37. 7.3 結果 / p66 (0043.jp2)
  38. 7.4 考察 / p75 (0047.jp2)
  39. 第8章 ヌクレオチド透過担体における透過活性とSH基 / p78 (0049.jp2)
  40. 8.1 諸言 / p78 (0049.jp2)
  41. 8.2 実験の部 / p80 (0050.jp2)
  42. 8.3 結果 / p82 (0051.jp2)
  43. 8.4 考察 / p86 (0053.jp2)
  44. 第9章 結語 / p93 (0056.jp2)
  45. 謝辞 / p96 (0058.jp2)
  46. 引用文献 / p97 (0058.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074806
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075003
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239120
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ