放出制御膜を有する経皮吸収型製剤に関する研究 ホウシュツ セイギョ マク オ ユウスル ケイヒ キュウシュウガタ セイザイ ニ カンスル ケンキュウ Study on menbrane-controlled transdermal delivery systems

この論文をさがす

著者

    • 関, 俊暢 セキ, トシノブ

書誌事項

タイトル

放出制御膜を有する経皮吸収型製剤に関する研究

タイトル別名

ホウシュツ セイギョ マク オ ユウスル ケイヒ キュウシュウガタ セイザイ ニ カンスル ケンキュウ

タイトル別名

Study on menbrane-controlled transdermal delivery systems

著者名

関, 俊暢

著者別名

セキ, トシノブ

学位授与大学

城西大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第5号

学位授与年月日

1990-09-07

注記・抄録

博士論文

学位授与機関:城西大学 学位記番号:博乙第5号,学位の種別:博士(薬学), 学位授与年月日: 平成2年(1990年) 9月7日. 86p.

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 総論の部 / p1 (0004.jp2)
  3. 序論 / p1 (0004.jp2)
  4. 第1編 放出制御能を有する経皮吸収型製剤に求められる機能 / p3 (0005.jp2)
  5. 第2編 硝酸イソソルビド(ISDN)の経皮吸収に及ぼす放出制御膜および粘着剤の影響 / p12 (0010.jp2)
  6. 第1章 ISDNの水性懸濁液からのヘアレスラット皮膚および人工膜透過性 / p14 (0011.jp2)
  7. 第2章 試作製剤の調製とヘアレスラットを用いたin vivo での評価 / p15 (0011.jp2)
  8. 第3章 製剤からの薬物放出に及ぼす保存の影響 / p17 (0012.jp2)
  9. 第4章 本編のまとめ / p22 (0015.jp2)
  10. 第3編 塩酸ニカルジピン(NC)の経皮吸収に及ぼす吸収促進剤および放出制御膜の影響 / p25 (0016.jp2)
  11. 第1章 NCの皮膚透過に及ぼす溶媒の影響 / p26 (0017.jp2)
  12. 第2章 NCの皮膚透過に及ぼす吸収促進剤の影響 / p35 (0021.jp2)
  13. 第3章 放出制御膜を有する製剤の調製 / p39 (0023.jp2)
  14. 第4章 本編のまとめ / p44 (0026.jp2)
  15. 第4編 ジドブジン(AZT)の経皮吸収型製剤への放出制御膜の応用 / p46 (0027.jp2)
  16. 第1章 吸収に遅れのない基剤の検討 / p47 (0027.jp2)
  17. 第2章 AZTのラットでのin vivo吸収性と膜による透過の制御 / p54 (0031.jp2)
  18. 第3章 損傷皮膚におけるAZTの経皮吸収 / p61 (0034.jp2)
  19. 第4章 本編のまとめ / p65 (0036.jp2)
  20. 結論 / p67 (0037.jp2)
  21. 謝辞 / p70 (0039.jp2)
  22. 実験の部 / p71 (0039.jp2)
  23. 第1編 実験の部 / p71 (0039.jp2)
  24. 第2編 実験の部 / p73 (0040.jp2)
  25. 第3編 実験の部 / p75 (0041.jp2)
  26. 第4編 実験の部 / p78 (0043.jp2)
  27. 引用文献 / p81 (0044.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074862
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998354
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000239176
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ