膣錠崩壊試験法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山口, 正俊 ヤマグチ, マサトシ

書誌事項

タイトル

膣錠崩壊試験法に関する研究

著者名

山口, 正俊

著者別名

ヤマグチ, マサトシ

学位授与大学

城西大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第9号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. 総論の部 / p3 (0003.jp2)
  3. 序論 / p3 (0003.jp2)
  4. 第1編 誘導板-金網法の確立と評価 / p5 (0004.jp2)
  5. 第1章 二重金網法の試験装置と試験法 / p5 (0004.jp2)
  6. 第2章 試験条件の検討 / p6 (0005.jp2)
  7. 第3章 二重金網法と従来の試験法の比較 / p9 (0006.jp2)
  8. 第4章 誘導板-金網法の試験装置と試験法 / p11 (0007.jp2)
  9. 第5章 試験条件の検討 / p13 (0008.jp2)
  10. 第6章 誘導板-金網法と従来の試験法の比較 / p19 (0011.jp2)
  11. 第7章 誘導板-金網法による水と0.5%乳酸溶液の比較 / p22 (0013.jp2)
  12. 第8章 誘導板-金網法による水とメチルセルロース溶液の比較 / p25 (0014.jp2)
  13. 第9章 考察 / p29 (0016.jp2)
  14. 第2編 改良BP法の評価と有用性 / p31 (0017.jp2)
  15. 第1章 改良BP法の試験装置と試験法 / p31 (0017.jp2)
  16. 第2章 試験条件の検討 / p33 (0018.jp2)
  17. 第3章 イギリス薬局方膣錠崩壊試験法および誘導板-金網法との比較 / p37 (0020.jp2)
  18. 第4章 時計皿法および日本薬局方崩壊試験法との比較 / p41 (0022.jp2)
  19. 第5章 硬度試験および炭酸含量試験 / p47 (0025.jp2)
  20. 第6章 考察 / p49 (0026.jp2)
  21. 結論 / p52 (0028.jp2)
  22. 謝辞 / p55 (0029.jp2)
  23. 実験の部 / p56 (0030.jp2)
  24. 第1編 実験の部 / p56 (0030.jp2)
  25. 第2編 実験の部 / p62 (0033.jp2)
  26. 引用文献 / p66 (0035.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074866
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075065
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239180
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ