トウモロコシ種子に含まれるインドール-3-酢酸代謝産物に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 建石, 耕一 タテイシ, コオイチ

書誌事項

タイトル

トウモロコシ種子に含まれるインドール-3-酢酸代謝産物に関する研究

著者名

建石, 耕一

著者別名

タテイシ, コオイチ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第658号

学位授与年月日

1991-03-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第二章 トウモロコシ(Zea mays L.)種子に含まれるIAA関連化合物zeanoside A,B,Cおよびzeanic acidの単離と構造決定 / p10 (0013.jp2)
  4. 第一節 Zeanoside A,B,Cおよびzeanic acidの抽出と単離 / p10 (0013.jp2)
  5. 第一項 Zeanoside A,BおよびCの単離 / p10 (0013.jp2)
  6. 第二項 Zeanic acidの抽出および単離 / p19 (0022.jp2)
  7. 第二節 Zeanoside A,B,Cおよびzeanic acidの構造 / p19 (0022.jp2)
  8. 第一項 Zeanoside Aの構造 / p19 (0022.jp2)
  9. 第二項 Zeanoside Cの構造 / p31 (0034.jp2)
  10. 第三項 Zcanic acidの同定および合成 / p35 (0038.jp2)
  11. 第四項 Zeanoside Bの構造および合成 / p35 (0038.jp2)
  12. 実験の部 / p42 (0045.jp2)
  13. 第三章 トウモロコシ(Zea mays L.)種子に含まれるzoanoside A,B,Cおよびzoanic acidの代謝と成熟過程における量的変化 / p51 (0054.jp2)
  14. 第一節 トウモロコシ種子の成熟過程におけるzeanoside A,B,Cおよびzeanic acid含量の変化 / p53 (0056.jp2)
  15. 第二節 考察 / p62 (0065.jp2)
  16. 実験の部 / p64 (0067.jp2)
  17. 第四章 トウモロコシ(Zea mays L.)種子におけるzeanoside A,B,Cおよびzeanic acidの機能とブドウ巨峰の花振い防止(結果率上昇)効果 / p67 (0070.jp2)
  18. 第一節 トウモロコシ種子におけるzeanoside A,B,Cおよびzeanic acidの機能 / p67 (0070.jp2)
  19. 第二節 トウモロコシ種子から単離されたzeanosidesおよびzeanic acidのブドウ巨峰の花振い防止(結果率上昇)効果 / p69 (0072.jp2)
  20. 実験の部 / p73 (0076.jp2)
  21. 第五章 要約 / p74 (0077.jp2)
  22. 引用文献 / p78 (0081.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000074943
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075142
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239257
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ