ウェルシュ菌ε毒素の作用発現機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 永濱, 政博 ナガハマ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

ウェルシュ菌ε毒素の作用発現機構に関する研究

著者名

永濱, 政博

著者別名

ナガハマ, マサヒロ

学位授与大学

徳島文理大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第7号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文の内容要旨 / p1 (0002.jp2)
  3. 目次 / p1 (0006.jp2)
  4. 緒論 / p3 (0007.jp2)
  5. 第1章 In vivoにおけるε毒素の薬理作用 / p11 (0011.jp2)
  6. 第1節 ε毒素の呼吸、循環器系に対する作用 / p11 (0011.jp2)
  7. 第2節 ε毒素の昇圧作用に対する神経遮断薬の影響 / p25 (0018.jp2)
  8. 第2章 In Vitroにおけるε毒素の薬理作用 / p34 (0023.jp2)
  9. 第1節 ε毒素の摘出ラット回腸収縮作用 / p34 (0023.jp2)
  10. 第2節 ε毒素の回腸収縮作用とCa²⁺の関係 / p40 (0026.jp2)
  11. 第3章 ε毒素の致死活性発現とアミノ酸残基の関係 / p48 (0030.jp2)
  12. 第1節 ε毒素のトリプトファン残基 / p48 (0030.jp2)
  13. 第2節 ε毒素のチロシン残基 / p65 (0038.jp2)
  14. 第3節 ε毒素とεプロトトキシンのアミノ基 / p75 (0043.jp2)
  15. 第4節 ε毒素のヒスチジン残基 / p86 (0049.jp2)
  16. 第5節 ε毒素のカルボキシル基 / p90 (0051.jp2)
  17. 第6節 ε毒素活性発現に対する不活化ε毒素の影響 / p100 (0056.jp2)
  18. 第4章 ε毒素の致死活性発現と体内分布 / p114 (0063.jp2)
  19. 第1節 ε毒素の致死活性と体内分布 / p114 (0063.jp2)
  20. 第5章 総括、及び、結論 / p129 (0070.jp2)
  21. 引用文献 / p145 (0078.jp2)
  22. 謝辞 / p156 (0084.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075021
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075220
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239335
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ