平安時代敬語法の研究 : 「かしこまりの語法」とその周辺

この論文をさがす

著者

    • 杉崎, 一雄, -1998 スギサキ, カズオ

書誌事項

タイトル

平安時代敬語法の研究 : 「かしこまりの語法」とその周辺

著者名

杉崎, 一雄, -1998

著者別名

スギサキ, カズオ

学位授与大学

國學院大學

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第92号

学位授与年月日

1989-10-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 序章 「謙譲語」の研究から「かしこまりの語法」へ / p9 (0007.jp2)
  2. 第一編 「謙譲語」の二類と「かしこまりの語法」 / p19 (0012.jp2)
  3. 第一章 いわゆる「謙譲語」をめぐって-その二類の別と敬意の方向と- / p21 (0013.jp2)
  4. 第二章 かしこまりの語法-源氏物語を中心に- / p37 (0021.jp2)
  5. 第三章 敬語の面から見た、勅撰集詞書の性質-本居宣長の言説に添いながら- / p67 (0036.jp2)
  6. 第二編 あらたまった表現に用いる「謙譲語」各論 / p75 (0040.jp2)
  7. 第一章 平安時代の「給ふる」について-源氏物語異文間の差異を中心に- / p77 (0041.jp2)
  8. 第二章 「まかる」と「まうでく」 / p96 (0051.jp2)
  9. 第三章 「いただく」と「たべる」-平安時代の「たぶ」について- / p112 (0059.jp2)
  10. 第四章 源氏物語の敬語法-特に、いわゆる「謙譲語」「丁寧語」の使用と身分- / p125 (0065.jp2)
  11. 第五章 枕草子の「侍り」-「侍り」の使用とその身分格差- / p147 (0076.jp2)
  12. 第六章 「侍りたうぶ」について / p159 (0082.jp2)
  13. 第七章 「侍りたうぶ」再考 / p174 (0090.jp2)
  14. 第三編 あらたまった表現に見られる「尊敬語」の一用法 / p187 (0096.jp2)
  15. 第一章 「たまふ」「のたまふ」「つかはす」の諸相-特に「へりくだりの表現」に於ける使用を中心に- / p189 (0097.jp2)
  16. 第二章 姉なる人にのたまひみむ-「受け手卑下」の表現- / p206 (0106.jp2)
  17. 第三章 古今集詞書の「物のたうびける人」について / p218 (0112.jp2)
  18. 第四章 「つかはす」の敬語性とその一用法-特に、あらたまった言いかたにおける- / p234 (0120.jp2)
  19. 第四編 敬語法の分類と「かしこまりの語法」の位置づけ / p255 (0130.jp2)
  20. 第一章 敬譲の意識と敬意の方向 / p257 (0131.jp2)
  21. 第二章 敬語法の分類 / p269 (0137.jp2)
  22. 第三章 「対象尊敬」における「謙譲語」の機能 / p294 (0150.jp2)
  23. 第五編 平安敬語補考 / p305 (0155.jp2)
  24. 第一章 「まだす」「たてまだす」覚え書き-その時代と万葉集の旧訓- / p307 (0156.jp2)
  25. 第二章 格助詞「に」による動作主尊敬表現 / p318 (0162.jp2)
  26. あとがき / p331 (0168.jp2)
  27. 本書と既発表論文との関係 / p334 (0170.jp2)
  28. 索引 / p337 (0171.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075049
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998370
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239363
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ