フランス刑事訴訟における予審の機能 : 予審制度の成立と展開

この論文をさがす

著者

    • 高内, 寿夫 タカウチ, ヒサオ

書誌事項

タイトル

フランス刑事訴訟における予審の機能 : 予審制度の成立と展開

著者名

高内, 寿夫

著者別名

タカウチ, ヒサオ

学位授与大学

國學院大學

取得学位

法学博士

学位授与番号

乙第95号

学位授与年月日

1990-03-05

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0008.jp2)
  3. (一)問題の所在-予審制度を取り上げる現代的意義について- / p2 (0009.jp2)
  4. (二)本稿の構成 / p4 (0011.jp2)
  5. 第一章 治罪法典以前における予審制度の変遷 / p8 (0015.jp2)
  6. 第一節 初期弾劾手続における予審 / p9 (0016.jp2)
  7. 第二節 糺問手統と予審 / p14 (0021.jp2)
  8. (1)刑事法官と国王代理官 / p14 (0021.jp2)
  9. (2)糺問手統における審問(予審) / p17 (0024.jp2)
  10. 第三節 一八世紀イギリス(イングランド)における訴追制度 / p25 (0032.jp2)
  11. 第四節 一七九一年法における予審 / p31 (0038.jp2)
  12. 第五節 罪刑法典における予審 / p38 (0045.jp2)
  13. 第六節 共和暦九年法(検察官制度の創設) / p44 (0051.jp2)
  14. 第七節 小括 / p50 (0057.jp2)
  15. 第二章 治罪法典制定過程と予審制度 / p52 (0059.jp2)
  16. 第一節 準備作業段階 / p53 (0060.jp2)
  17. 第二節 国務院の審議過程:刑事手続の基本思想 / p58 (0065.jp2)
  18. 第三節 審議の再開:起訴陪審の廃止 / p72 (0079.jp2)
  19. 第四節 訴追と予審の分離原則の確立 / p78 (0085.jp2)
  20. 第五節 小括 / p92 (0099.jp2)
  21. 第三章 治罪法典における予審制の分析 / p95 (0102.jp2)
  22. 第一節 公判前手続における予審の機能(検察官と予審判事の関係) / p96 (0103.jp2)
  23. (1)司法警察 / p98 (0105.jp2)
  24. (2)検察官 / p100 (0107.jp2)
  25. (3)予審判事 / p105 (0112.jp2)
  26. (4)現行犯の特別手続 / p109 (0116.jp2)
  27. (5)評議部 / p112 (0119.jp2)
  28. (6)重罪起訴部 / p113 (0120.jp2)
  29. 第二節 刑事手続全体における予審の機能(公判審理との関係) / p122 (0129.jp2)
  30. 第一款 理論的考察 / p122 (0129.jp2)
  31. 第二款 予審記録の利用 / p132 (0139.jp2)
  32. 第三節 予審審理の性格および各論 / p140 (0147.jp2)
  33. 第一款 予審審理の書面性 / p140 (0147.jp2)
  34. 第二款 各予審行為の個別的形式 / p146 (0153.jp2)
  35. 第四節 小括 / p160 (0167.jp2)
  36. 第四章 予審の改革(I)-被告人の防禦権保障の装置としての予審- / p164 (0171.jp2)
  37. 第一節 一八五六年法(評議部の廃止) / p166 (0173.jp2)
  38. 第二節 一八九七年法(予審段階における被告人の権利保障) / p171 (0178.jp2)
  39. (1)一八九七年法の制定過程 / p171 (0178.jp2)
  40. (2)一八九七年法の内容 / p176 (0183.jp2)
  41. 第三節 一九三三法・一九三五年法 / p184 (0191.jp2)
  42. (1)一九三三年二月七日法 / p184 (0191.jp2)
  43. (2)一九三五年三月二五日法 / p187 (0194.jp2)
  44. 第四節 被告人の防禦権と無効理論 / p190 (0197.jp2)
  45. (1)C.I.C.における予審手続の無効 / p190 (0197.jp2)
  46. (2)実質的無効の展開 / p192 (0199.jp2)
  47. (3)明文上の無効 / p195 (0202.jp2)
  48. (4)一八九七年法以降の実質的無効の展開 / p197 (0204.jp2)
  49. (5)予審行為の適法性の証明(予審の書面性と無効) / p201 (0208.jp2)
  50. 第五節 小括 / p207 (0214.jp2)
  51. 第五章 予審の改革(II)-現行刑事訴訟法典の制定- / p209 (0216.jp2)
  52. 第一節 ドンヌディゥ・ド・ヴァーブルによる予審改革案 / p210 (0217.jp2)
  53. 第二節 C.P.P.における予審手続 / p215 (0222.jp2)
  54. (1)制定過程 / p215 (0222.jp2)
  55. (2)予審の改正点 / p215 (0222.jp2)
  56. 第三節 C.P.P.における予審の無効手続 / p221 (0228.jp2)
  57. (1)重罪公訴部における無効手続 / p221 (0228.jp2)
  58. (2)判決裁判所における無効手続 / p226 (0233.jp2)
  59. 第四節 小括 / p231 (0238.jp2)
  60. 第六章 予審の現代的課題 / p233 (0240.jp2)
  61. 第一節 改革の背景と勾留の改革 / p234 (0241.jp2)
  62. (1)改革の背景 / p234 (0241.jp2)
  63. (2)C.P.P.以降の予審改革 / p236 (0243.jp2)
  64. 第二節 ペルフィットの予審改革 / p239 (0246.jp2)
  65. 第三節 バダンテールの予審改革 / p243 (0250.jp2)
  66. 第四節 シャランドンの予審改革 / p250 (0257.jp2)
  67. 第五節 小括 / p255 (0262.jp2)
  68. 終章 検討と展望 / p257 (0264.jp2)
  69. (一)フランスの予審手続と我が国の予審手続の相違点 / p258 (0265.jp2)
  70. (二)現行刑事訴訟法が予審を廃止したことへの評価 / p261 (0268.jp2)
  71. (三)我が国の捜査に関する新たな視点の提言 / p264 (0271.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075052
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075251
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239366
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ