農業水利における水資源システムの総合的運用に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 角道, 弘文 カクドウ, ヒロフミ

書誌事項

タイトル

農業水利における水資源システムの総合的運用に関する基礎的研究

著者名

角道, 弘文

著者別名

カクドウ, ヒロフミ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第47号

学位授与年月日

1991-03-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p3 (0005.jp2)
  2. 論文要旨 / p1 (0003.jp2)
  3. 第I章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1節 本研究の目的 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.問題の所在 / p1 (0007.jp2)
  6. 2.本研究の目的と構成 / p6 (0012.jp2)
  7. 第2節 既往の研究とその対象領域 / p10 (0016.jp2)
  8. 1.既往の研究 / p10 (0016.jp2)
  9. 2.既往の研究の対象領域とその限界 / p13 (0019.jp2)
  10. 第I章の参考文献 / p14 (0020.jp2)
  11. 第II章 現行統合管理方式の実態分析 / p15 (0021.jp2)
  12. 第1節 実態分析の方法 / p15 (0021.jp2)
  13. 1.対象流域の選定 / p15 (0021.jp2)
  14. 2.分析対象期間と使用データ / p17 (0023.jp2)
  15. 3.実態分析の方法 / p17 (0023.jp2)
  16. 第2節 数式モデルによるダム群放流操作の再現 / p18 (0024.jp2)
  17. 1.個別ダム放流操作の再現 / p18 (0024.jp2)
  18. 2.ダム群放流操作の再現 / p23 (0029.jp2)
  19. 第3節 現行統合管理方式の特徴と問題点 / p26 (0032.jp2)
  20. 1.現行統合管理方式の特徴 / p26 (0032.jp2)
  21. 2.現行統合管理方式の問題点 / p31 (0037.jp2)
  22. 第4節 利水目的主導による統合管理の一方式 / p34 (0040.jp2)
  23. 1.シミュレーションの方法 / p34 (0040.jp2)
  24. 2.現行統合管理方式との比較 / p39 (0045.jp2)
  25. 第5節 小括 / p45 (0051.jp2)
  26. 第II章の参考文献 / p47 (0053.jp2)
  27. 第III章 新たな統合管理計画手法の導入による利水安全度の向上 / p48 (0054.jp2)
  28. 第1節 ルールラインの構築 / p48 (0054.jp2)
  29. 1.渇水要貯水量曲線法の特徴とその適用範囲 / p48 (0054.jp2)
  30. 2.ルールラインの構築 / p50 (0056.jp2)
  31. 3.ルールラインに基づく貯水管理操作 / p55 (0061.jp2)
  32. 第2節 貯水運用ルール / p56 (0062.jp2)
  33. 1.単独管理ルールの定義 / p56 (0062.jp2)
  34. 2.統合管理ルールの定義 / p57 (0063.jp2)
  35. 3.両ルールの評価指標 / p60 (0066.jp2)
  36. 第3節 対象流域の選定 / p61 (0067.jp2)
  37. 1.岩本川右岸流域 / p61 (0067.jp2)
  38. 2.迫川上流域 / p62 (0068.jp2)
  39. 第4節 岩木川右岸流域におけるシミュレーション / p67 (0073.jp2)
  40. 1.シミュレーションの方法 / p67 (0073.jp2)
  41. 2.シミュレーション結果とその考察 / p72 (0078.jp2)
  42. 第5節 迫川上流域におけるシミュレーション / p78 (0084.jp2)
  43. 1.シミュレーションの方法 / p78 (0084.jp2)
  44. 2.シミュレーション結果とその考察 / p82 (0088.jp2)
  45. 第6節 小括 / p88 (0094.jp2)
  46. 第III章の参考文献 / p91 (0097.jp2)
  47. 第IV章 農業水利における水資源システムの総合的運用 / p92 (0098.jp2)
  48. 第1節 河道外貯留施設の水資源システムへの導入 / p92 (0098.jp2)
  49. 1.既存ダム群による統合管理計画の限界 / p92 (0098.jp2)
  50. 2.河道外貯留施設としての「ため池」の位置づけ / p94 (0100.jp2)
  51. 3.ため池の物理的特質とその貯水機能 / p97 (0103.jp2)
  52. 4.「渇水備蓄ダム」導入の問題点 / p106 (0112.jp2)
  53. 第2節 水資源システムの総合的運用にむけて / p108 (0114.jp2)
  54. 1.ため池導入による総合的運用計画の一提案 / p108 (0114.jp2)
  55. 2.岩木川右岸流域における総合的運用例 / p113 (0119.jp2)
  56. 3.迫川上流域における総合的運用例 / p121 (0127.jp2)
  57. 第3節 小括 / p132 (0138.jp2)
  58. IV章の参考文献 / p134 (0140.jp2)
  59. 第V章 結語 / p135 (0141.jp2)
  60. 謝辞 / p139 (0145.jp2)
  61. 要約(英文) / p140 (0146.jp2)
  62. ◇付録A 渇水要貯水量曲線法の基礎理論 / p143 (0149.jp2)
  63. ◇付録B 利根川上流域におけるダム放流量変動図 / p147 (0153.jp2)
  64. ◇付録C 岩木川右岸流域におけるシミュレーション結果 / p162 (0168.jp2)
  65. ◇付録D 迫川上流域におけるシミュレーション結果 / p185 (0191.jp2)
  66. ◇付録E ため池導入によるシミュレーション結果(岩木川右岸流域) / p208 (0214.jp2)
  67. ◇付録F ため池導入によるシミュレーション結果(迫川上流域) / p231 (0237.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075179
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075378
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239493
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ