環境記述ベクトル法にもとづくタンパク質の二次構造予測に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 唐澤, 肇 カラサワ, ハジメ

書誌事項

タイトル

環境記述ベクトル法にもとづくタンパク質の二次構造予測に関する研究

著者名

唐澤, 肇

著者別名

カラサワ, ハジメ

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第39号

学位授与年月日

1991-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0006.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0003.jp2)
  3. SUMMARY / p2 (0004.jp2)
  4. 1.緒論 / p1 (0008.jp2)
  5. 2. 多次元ベクトル表現を用いたタンパク質アミノ酸残基の環境記述法 / p4 (0011.jp2)
  6. 2.1 タンパク質アミノ酸残基の配列環境と記述法 / p4 (0011.jp2)
  7. 2.2 配列アミノ酸残基の新しい環境記述法(環境記述ベクトル) / p16 (0023.jp2)
  8. 2.3 まとめ / p24 (0031.jp2)
  9. 3. 環境記述ベクトルにもとづく二次構造形成アミノ酸残基の識別解析 / p25 (0032.jp2)
  10. 3.1 序 / p25 (0032.jp2)
  11. 3.2 データセット / p25 (0032.jp2)
  12. 3.3 方法 / p33 (0040.jp2)
  13. 3.4 二次構造識別 / p45 (0052.jp2)
  14. 3.5 まとめ / p46 (0053.jp2)
  15. 4. ランダムコイルを含めたタンパク質二次構造の二段階識別と予測への応用 / p49 (0056.jp2)
  16. 4.1 序 / p49 (0056.jp2)
  17. 4.2 二段階識別 / p49 (0056.jp2)
  18. 4.3 識別モデルの二次構造予測への応用 / p50 (0057.jp2)
  19. 4.4 従来法との比較検討 / p60 (0067.jp2)
  20. 4.5 まとめ / p67 (0074.jp2)
  21. 5. 特徴抽出による識別モデルの改良 / p69 (0076.jp2)
  22. 5.1 序 / p69 (0076.jp2)
  23. 5.2 方法 / p69 (0076.jp2)
  24. 5.3 結果および考察 / p69 (0076.jp2)
  25. 5.4 まとめ / p78 (0085.jp2)
  26. 6. 終わりに / p82 (0089.jp2)
  27. 付録 A : アミノ酸トリプレットの出現頻度 / p83 (0090.jp2)
  28. 付録 B : タンパク質中のアミノ酸残基の物理化学的特性値の分布 / p104 (0111.jp2)
  29. 付録 C : 環境記述ベクトルにもとづく二次構造形成アミノ酸残基の判別分析の結果 / p125 (0132.jp2)
  30. 文献 / p132 (0139.jp2)
  31. 謝辞 / p135 (0142.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075301
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075500
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000239615
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ