キャピラリーガスクロマトグラフィーの研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 忠一 ワタナベ, チュウイチ

書誌事項

タイトル

キャピラリーガスクロマトグラフィーの研究

著者名

渡辺, 忠一

著者別名

ワタナベ, チュウイチ

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第18号

学位授与年月日

1991-03-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p5 (0005.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 第2章 ガラスキャピラリーの塩化ナトリウム(NaCl)微粒子生成によるガラス表面改質法の研究 / p6 (0012.jp2)
  4. 2.1 緒言 / p6 (0012.jp2)
  5. 2.2 実験1(下地処理方法の実験) / p9 (0014.jp2)
  6. 2.3 実験2(無極性液相塗布後のカラムに関する実験) / p26 (0022.jp2)
  7. 2.4 実験3(NaCl処理キャピラリーの極性液相カラムに関する実験) / p38 (0028.jp2)
  8. 2.5 実験4(NaCl処理したキャピラリーにPEG20Mを焼き付けた極性液相カラムに関する実験) / p42 (0030.jp2)
  9. 2.6 実験5(NaCl処理したキャピラリーにSuperox 4 + PEG20Mを焼き付けた極性液相カラム関する実験) / p46 (0032.jp2)
  10. 2.7 結論 / p54 (0036.jp2)
  11. 2.8 参考文献 / p55 (0037.jp2)
  12. 第3章: ダイレクト注入法による大試料量注入法の研究 / p58 (0038.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p58 (0038.jp2)
  14. 3.2 実験1 (df=5μm)キャピラリーカラムを用いたダイレクト法の実験) / p61 (0040.jp2)
  15. 3.3 実験2 (種々の注入口インサートによる溶媒ピーク形状の実験) / p66 (0042.jp2)
  16. 3.5 実験4 (大試料量注入法による高沸点溶質の再現性の実験) / p81 (0049.jp2)
  17. 3.6 実験5 (ジェットセパレータ使用による大試料量注入法GC/MS) / p86 (0051.jp2)
  18. 3.7 実験6 (キャピラリーGC/MSにおけるカラム出口圧力のカラム効率に及ぼす影響について) / p93 (0055.jp2)
  19. 3.8 実験7 (減圧インターフェイス使用によるGC/MS) / p99 (0058.jp2)
  20. 3.9 結論 / p110 (0063.jp2)
  21. 3.10 参考文献 / p111 (0064.jp2)
  22. 第4章 熱分解ガスクロマトグラフィーに関する研究 / p114 (0066.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p114 (0066.jp2)
  24. 4.2 実験1 (パイロライザーの選択とその改造) / p115 (0067.jp2)
  25. 4.3 実験2 (ダブルショット熱分解装置(Double shot-Py)の実験) / p123 (0071.jp2)
  26. 4.4 結論 / p134 (0076.jp2)
  27. 4.5 参考文献 / p134 (0076.jp2)
  28. 4.6 Appendix / p135 (0077.jp2)
  29. 第5章 まとめ / p139 (0079.jp2)
  30. 本研究に関する研究報告目録 / p140 (0079.jp2)
  31. その他の研究報告及びその要旨 / p142 (0080.jp2)
  32. 謝辞 / p145 (0082.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075312
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075511
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000239626
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ