水圏におけるセレンなど微量必須元素の地球化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 青野, 辰雄 アオノ, タツオ

書誌事項

タイトル

水圏におけるセレンなど微量必須元素の地球化学的研究

著者名

青野, 辰雄

著者別名

アオノ, タツオ

学位授与大学

近畿大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第158号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

[目次] 結論, 本文 第I章.海洋におけるセレンの分布および挙動 I-1.緒論 I-2. 試料採取点および分析方法 I-2-1.試料採取点及び試料採取法 I-2-2.分析方法 I-3.海洋におけるセレンの分布 I-3-1.中部北太平洋(DE-23)におけるセレンの鉛直分布 I-3-2. 西部北太平洋(DR-5)におけるセレンの鉛直分布 I-3-3. 東部北太平洋(Stn.F)におけるセレンの鉛直分布 I-4. 海洋におけるセレンの挙動(海洋におけるセレンと栄養塩及び有効酸素消費量との相関性について) I-4-1.海水中のセレン(VI) と栄養塩及び有効酸素消費量との相関性について I-4-2.海水中のセレン(N)と栄養塩及び有効酸素消費量との相関性について   I-4-3. 海水中の有機態セレンと栄養塩及び有効酸素消費量との相関性について   I-4-4. 海水中の溶存全セレンと栄養塩及び有効酸素消費量との相関性について  I-5. まとめ  文献, 第II章.海水中の有機態セレン、特にセレノアミノ酸の定量法 II-1.緒論 II-2. 限外濾過法を用いた無機態セレンの除去及び脱塩について  I -3. スタリコバ法を用いた海水中の有機態セレンの分子種分画法への応用   II-4.分画操作過程における無機態セレン及び有機態セレンと有機化合物の相互作用  II-5.分子種分画法を用いた海水中の有機態セレンの定量への応用  II-6. まとめ  文献, 第III章.分子種分画法を用いた海水中の有機態金属化合物の分布 III-1.緒論 III-2. 試料採取点および分析法 III-2-1.試料採取点 III-2-2.分析法 III-3. 海水中の有機態金属化合物の分布 III-4. 堆積物表層部分からの有機態金属化合物の溶出挙動について III-5.まとめ 文献, 結語, 謝辞

学位の種類:理学  学位授与年月日:1991/3/15  指導: 平木, 敬三 教授   報告番号:甲第158号   学内授与番号:理甲8  NDL書誌ID:000000239630

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 本文 / p5 (0006.jp2)
  4. 第I章. 海洋におけるセレンの分布および挙動 / p5 (0006.jp2)
  5. I-1. 緒論 / p5 (0006.jp2)
  6. I-2. 試料採取点および分析方法 / p6 (0007.jp2)
  7. I-3. 海洋におけるセレンの分布 / p9 (0008.jp2)
  8. I-4. 海洋におけるセレンの挙動(海洋におけるセレンと栄養塩及び有効酸素消費量との相関性について) / p20 (0014.jp2)
  9. I-5. まとめ / p33 (0020.jp2)
  10. 文献 / p39 (0023.jp2)
  11. 第II章 海水中の有機態セレン、特にセレノアミノ酸の定量法 / p41 (0024.jp2)
  12. II-1. 緒論 / p41 (0024.jp2)
  13. II-2. 限外沪過法を用いた無機態セレンの除去及び脱塩について / p42 (0025.jp2)
  14. II-3. スタリコバ法を用いた海水中の有機態セレンの分子種分画法への応用 / p44 (0026.jp2)
  15. II-4. 分画操作過程における無機態セレン及び有機態セレンと有機化合物の相互作用 / p45 (0026.jp2)
  16. II-5. 分子種分画法を用いた海水中の有機態セレンの定量への応用 / p51 (0029.jp2)
  17. II-6. まとめ / p52 (0030.jp2)
  18. 文献 / p53 (0030.jp2)
  19. 第III章 分子種分画法を用いた海水中の有機態金属化合物の分布 / p55 (0031.jp2)
  20. III-1. 緒論 / p55 (0031.jp2)
  21. III-2. 試料採取点および分析法 / p55 (0031.jp2)
  22. III-3. 海水中の有機態金属化合物の分布 / p57 (0032.jp2)
  23. III-4. 堆積物表層部分からの有機態金属化合物の溶出挙動について / p60 (0034.jp2)
  24. III-5. まとめ / p61 (0034.jp2)
  25. 文献 / p61 (0034.jp2)
  26. 結語 / p63 (0035.jp2)
  27. 謝辞 / (0037.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075316
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075515
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000239630
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ