小麦胚レクチン結合性タンパク質を用いた細胞性粘菌Dictyostelium discoideumの柄細胞分化の解析

この論文をさがす

著者

    • 久保原, 禅 クボハラ, ユズル

書誌事項

タイトル

小麦胚レクチン結合性タンパク質を用いた細胞性粘菌Dictyostelium discoideumの柄細胞分化の解析

著者名

久保原, 禅

著者別名

クボハラ, ユズル

学位授与大学

京都大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4845号

学位授与年月日

1991-05-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 序 / p1 (0009.jp2)
  4. 材料と方法 / p7 (0015.jp2)
  5. 細胞 / p7 (0015.jp2)
  6. NC4,V12M2,Dmllの通常発生 / p7 (0015.jp2)
  7. NC4 Cell-type separation / p7 (0015.jp2)
  8. V12M2 Cell-type separetion / p8 (0016.jp2)
  9. 液体振盪培養 / p8 (0016.jp2)
  10. HM44 in vitro培養 / p8 (0016.jp2)
  11. いろいろな粘菌の子実体形成 / p9 (0017.jp2)
  12. ゲル電気泳動 / p10 (0018.jp2)
  13. 電気泳動後のタンパク質の検出 / p10 (0018.jp2)
  14. 酵素活性の測定 / p11 (0019.jp2)
  15. タンパク質の検定 / p12 (0020.jp2)
  16. wst31の細胞内膜分画局在性を調べる実験 / p12 (0020.jp2)
  17. wst31とwst34の可溶化実験 / p12 (0020.jp2)
  18. wst31の部分精製(1)と抗体作製 / p13 (0021.jp2)
  19. wst31の部分精製(2) / p16 (0024.jp2)
  20. wst34の精製とanti-wst34の精製 / p16 (0024.jp2)
  21. anti-Dmstの調製 / p17 (0025.jp2)
  22. モノクローナル抗体の調製 / p18 (0026.jp2)
  23. 免疫染色法 / p19 (0027.jp2)
  24. 抗体の吸収・阻害実験 / p20 (0028.jp2)
  25. wst31とwst34のタンパク質分解酵素処理 / p20 (0028.jp2)
  26. レクチンとwst31及びwst34との反応性テスト / p21 (0029.jp2)
  27. Northern blot解析 / p21 (0029.jp2)
  28. 第1部 (予定)柄細胞に特異的な分化マーカーを用いた粘菌柄細胞分化の解析 / p22 (0030.jp2)
  29. <結果> / p23 (0031.jp2)
  30. I.(予定)柄細胞特異的WGA結合性タンパク質wst31とwst34 / p23 (0031.jp2)
  31. II.液体振盪培養下における予定細胞の分化誘導及び分化状態の維持に対するcAMPとアンモニアの役割-wst31を分化マーカーとした解析 / p26 (0034.jp2)
  32. 分化誘導に対するcAMP及びアンモニアの役割 / p27 (0035.jp2)
  33. 分化状態の維持に対するcAMPの役割 / p27 (0035.jp2)
  34. III.wst31とwst34のDIF(柄細胞分化誘導物質)に対する依存性 / p34 (0042.jp2)
  35. V12M2発生過程における発生・分化マーカーの変化 / p34 (0042.jp2)
  36. wst31とwst34のDIF-1に対する依存性の検証 / p37 (0045.jp2)
  37. wst31とwst34のcAMPに対する依存性 / p42 (0050.jp2)
  38. HM44(submerged culture)におけるwst31生成の時間的変化 / p45 (0053.jp2)
  39. nutral red による予定柄細胞の検出 / p45 (0053.jp2)
  40. <考察> / p55 (0063.jp2)
  41. (予定)柄細胞の分化マーカーとしてのwst31とwst34 / p55 (0063.jp2)
  42. 液体振盪培養下における予定柄細胞の分化誘導と分化状態の維持 / p57 (0065.jp2)
  43. DIFに依存しない予定柄細胞(DIF-independent prestalk)の存在 / p58 (0066.jp2)
  44. 第2部 wst31とwst34の精製と性質 / p67 (0075.jp2)
  45. <結果と考察> / p68 (0076.jp2)
  46. wst31とwst34の可溶化実験 / p68 (0076.jp2)
  47. wst31の部分精製と抗体作製 / p68 (0076.jp2)
  48. wst34の精製とanti-wst34の調製 / p77 (0086.jp2)
  49. wst34を認識するもう一つの抗体anti-Dmstの調製 / p77 (0086.jp2)
  50. 糖鎖を破壊したwst31とwst34に対するモノクローナル抗体作製の試み / p84 (0093.jp2)
  51. タンパク質分解酵素によるwst31とwst34の分解 / p84 (0093.jp2)
  52. 糖タンパク質であるwst31とwst34の糖鎖の特徴 / p84 (0093.jp2)
  53. wst31の細胞内膜分画局在性 / p88 (0097.jp2)
  54. 第3部 いろいろな粘菌種におけるwst34様タンパク質の同定 / p91 (0100.jp2)
  55. <結果> / p92 (0101.jp2)
  56. いろいろな粘菌種におけるWGA結合性タンパク質の解析 / p92 (0101.jp2)
  57. wst34様タンパク質の同定 / p92 (0101.jp2)
  58. <考察> / p101 (0110.jp2)
  59. 他粘菌種のWGA結合性タンパク質およびwst34様タンパク質 / p101 (0110.jp2)
  60. 謝辞 / p103 (0112.jp2)
  61. 引用文献 / p104 (0113.jp2)
  62. Role of cyclic AMP and ammonia in induction and maintenance of post-aggregative differentiation in a suspension culture of Dictyostelium discoideum / p11 (0148.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075363
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075562
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239677
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ