Recurrent hepatocellular carcinoma : usefulness of US compared with CT and AFP assay 再発肝細胞癌診断におけるX線CT、血清AFP値測定と比較した超音波の有用性

この論文をさがす

著者

    • 柴田, 登志也 シバタ, トシヤ

書誌事項

タイトル

Recurrent hepatocellular carcinoma : usefulness of US compared with CT and AFP assay

タイトル別名

再発肝細胞癌診断におけるX線CT、血清AFP値測定と比較した超音波の有用性

著者名

柴田, 登志也

著者別名

シバタ, トシヤ

学位授与大学

京都大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第4851号

学位授与年月日

1991-05-23

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075369
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075568
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239683
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ