セフェムおよびペネム系エステル型プロドラッグの構造と消化管吸収に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宮内, 正雄 ミヤウチ, マサオ

書誌事項

タイトル

セフェムおよびペネム系エステル型プロドラッグの構造と消化管吸収に関する研究

著者名

宮内, 正雄

著者別名

ミヤウチ, マサオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第7538号

学位授与年月日

1991-05-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 総論の部 / p1 (0007.jp2)
  4. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  5. 第1章 セファロスポリンエステル型プロドラッグの化学的安定性に対する3位置換基の影響 / p4 (0009.jp2)
  6. 1-1 セファロスポリンエステル型プロドラッグの加水分解機構 / p5 (0009.jp2)
  7. 1-2 セファロスポリンの異性化反応に対する3位置換基の影響 / p15 (0014.jp2)
  8. 1-3 まとめ / p22 (0018.jp2)
  9. 第2章 セファロスポリンエステル型プロドラッグのマウスにおける消化管吸収に対する3位置換基の影響 / p23 (0018.jp2)
  10. 2-1 マウスにおける消化管吸収 / p24 (0019.jp2)
  11. 2-2 水溶性の影響 / p26 (0020.jp2)
  12. 2-3 脂溶性の影響 / p27 (0020.jp2)
  13. 2-4 化学的安定性の影響 / p27 (0020.jp2)
  14. 2-5 酵素加水分解の影響 / p28 (0021.jp2)
  15. 2-6 定量的構造一消化管吸収相関の解析 / p30 (0022.jp2)
  16. 2-7 まとめ / p32 (0023.jp2)
  17. 第3章 4級アンモニウム構造を有するセフアロスポリンの経口剤化を目的とした化学修飾と生体内挙動 / p33 (0023.jp2)
  18. 3-1 脂溶性プロドラッグの合成 / p34 (0024.jp2)
  19. 3-2 物理化学的性質 / p36 (0025.jp2)
  20. 3-3 消化管吸収 / p37 (0025.jp2)
  21. 3-4 生体内変換 / p38 (0026.jp2)
  22. 3-5 3-スピロ化合物の構造 / p41 (0027.jp2)
  23. 3-6 まとめ / p55 (0034.jp2)
  24. 第4章 2-フルオロエチルチオペネム化合物の経口用エステル誘導体 / p56 (0035.jp2)
  25. 4-1 エステル誘導体の合成 / p56 (0035.jp2)
  26. 4-2 物理化学的性質 / p58 (0036.jp2)
  27. 4-3 消化管吸収 / p60 (0037.jp2)
  28. 4-4 感染治療効果 / p62 (0038.jp2)
  29. 4-5 効率的合成法 / p64 (0039.jp2)
  30. 4-6 まとめ / p65 (0039.jp2)
  31. 結論 / p66 (0040.jp2)
  32. 謝辞 / p68 (0041.jp2)
  33. 実験の部 / p69 (0041.jp2)
  34. 第1章の実験 / p69 (0041.jp2)
  35. 第2章の実験 / p77 (0045.jp2)
  36. 第3章の実験 / p89 (0051.jp2)
  37. 第4章の実験 / p98 (0056.jp2)
  38. 引用文献 / p104 (0059.jp2)
  39. 論文目録 / p109 (0061.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075394
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075593
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239708
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ