水酸化カルシウムセメントの溶解過程

この論文をさがす

著者

    • 明石, あかね アカシ, アカネ

書誌事項

タイトル

水酸化カルシウムセメントの溶解過程

著者名

明石, あかね

著者別名

アカシ, アカネ

学位授与大学

九州大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

甲第2757号

学位授与年月日

1991-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 水酸化カルシウムセメントの歴史と生物学的性質 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 水酸化カルシウムセメントの組成と硬化機構 / p4 (0009.jp2)
  5. 1-3 水酸化カルシウムセメントの溶解性に関するこれまでの研究 / p6 (0011.jp2)
  6. 1-4 本研究の目的 / p7 (0012.jp2)
  7. 第2章 サリチル酸エステルおよびスルフォンアミドの溶出 / p9 (0014.jp2)
  8. 2-1 目的 / p9 (0014.jp2)
  9. 2-2 材料と方法 / p9 (0014.jp2)
  10. 2-3 結果 / p15 (0020.jp2)
  11. 2-4 考察 / p27 (0032.jp2)
  12. 第3章 市販セメントの溶解性 / p33 (0038.jp2)
  13. 3-1 目的 / p33 (0038.jp2)
  14. 3-2 材料と方法 / p33 (0038.jp2)
  15. 3-3 結果 / p37 (0042.jp2)
  16. 3-4 考察 / p58 (0063.jp2)
  17. 第4章 試作セメントから溶出する各種イオンの定量 / p61 (0066.jp2)
  18. 4-1 目的 / p61 (0066.jp2)
  19. 4-2 材料と方法 / p61 (0066.jp2)
  20. 4-3 結果 / p61 (0066.jp2)
  21. 4-4 考察 / p68 (0073.jp2)
  22. 第5章 サリチル酸エステルとカルシウムの錯体の安定度 / p71 (0076.jp2)
  23. 5-1 目的 / p71 (0076.jp2)
  24. 5-2 材料と方法 / p71 (0076.jp2)
  25. 5-3 結果 / p73 (0078.jp2)
  26. 5-4 考察 / p76 (0081.jp2)
  27. 付録 / p77 (0082.jp2)
  28. 第6章 総括 / p79 (0084.jp2)
  29. 参考文献 / p82 (0087.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075463
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075662
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239777
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ