二色誘導ラマン光の発生機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 川崎, 秀一 カワサキ, シュウイチ

書誌事項

タイトル

二色誘導ラマン光の発生機構に関する研究

著者名

川崎, 秀一

著者別名

カワサキ, シュウイチ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2787号

学位授与年月日

1991-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 二色誘導ラマン光の発振スペクトル / p8 (0012.jp2)
  4. 2.1 緒言 / p8 (0012.jp2)
  5. 2.2 二色誘導ラマン光のスペクトル構造 / p11 (0015.jp2)
  6. 2.3 二色誘導ラマン効果に関与するエネルギーレベル / p29 (0033.jp2)
  7. 2.4 パラ水素を用いる二色誘導ラマン効果 / p33 (0037.jp2)
  8. 2.5 結論 / p46 (0050.jp2)
  9. 第3章 二色誘導ラマン光の発生機構と理論的解釈 / p48 (0052.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p48 (0052.jp2)
  11. 3.2 誘導ラマン散乱の利得計算 / p50 (0054.jp2)
  12. 3.3 四波混合過程による回転誘導ラマン光の発生 / p63 (0067.jp2)
  13. 3.4 誘導ラマン利得過程によるエネルギー分配 / p72 (0076.jp2)
  14. 3.5 四波混合過程における発生効率 / p75 (0079.jp2)
  15. 3.6 励起光のライン幅の影響 / p79 (0083.jp2)
  16. 3.7 二色誘導ラマン効果のエネルギー変換効率 / p85 (0089.jp2)
  17. 3.8 結論 / p86 (0090.jp2)
  18. 第4章 二色誘導ラマン光の発生に及ぼす偏光励起光の影響 / p91 (0095.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p91 (0095.jp2)
  20. 4.2 偏光制御二波長同時発振色素レーザーを用いる実験装置 / p93 (0097.jp2)
  21. 4.3 分極率と散乱確率 / p99 (0103.jp2)
  22. 4.4 偏光励起光の影響 / p101 (0105.jp2)
  23. 4.5 水素圧依存性とスペクトル / p110 (0114.jp2)
  24. 4.6 結論 / p113 (0117.jp2)
  25. 第5章 総括 / p117 (0121.jp2)
  26. 付録 / p120 (0124.jp2)
  27. 参考文献 / p122 (0126.jp2)
  28. 謝辞 / p126 (0130.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075493
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075692
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239807
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ