噴霧熱分解法による金属微粒子の製造とその導電膜材料への応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 永島, 和郎 ナガシマ, カズロウ

書誌事項

タイトル

噴霧熱分解法による金属微粒子の製造とその導電膜材料への応用に関する研究

著者名

永島, 和郎

著者別名

ナガシマ, カズロウ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2789号

学位授与年月日

1991-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 金属微粒子 / p3 (0008.jp2)
  4. 1-2 噴霧熱分解法による粉体製造 / p13 (0018.jp2)
  5. 1-3 本研究の目的と概要 / p15 (0020.jp2)
  6. 第2章 化学炎法によるAg-Pd系微粒子の製造 / p17 (0022.jp2)
  7. 2-1 緒言 / p17 (0022.jp2)
  8. 2-2 実験法 / p19 (0024.jp2)
  9. 2-3 生成粉体の生成相 / p25 (0030.jp2)
  10. 2-4 生成金属微粒子の形状と生成過程 / p25 (0030.jp2)
  11. 2-5 真球形金属微粒子の生成条件とその性状 / p29 (0034.jp2)
  12. 2-6 蒸気を経由した超微粒子の生成 / p39 (0044.jp2)
  13. 2-7 合金粒子の生成 / p45 (0050.jp2)
  14. 2-8 本章のまとめ / p48 (0053.jp2)
  15. 第3章 還元性雰囲気下でのCuおよびNi微粒子の製造 / p50 (0055.jp2)
  16. 3-1 緒言 / p50 (0055.jp2)
  17. 3-2 実験法 / p51 (0056.jp2)
  18. 3-3 生成粉体の生成相 / p53 (0058.jp2)
  19. 3-4 生成金属微粒子の形状 / p57 (0062.jp2)
  20. 3-5 本章のまとめ / p79 (0084.jp2)
  21. 第4章 噴霧熱分解法金属微粒子の導電膜原料としての特性 / p80 (0085.jp2)
  22. 4-1 緒言 / p80 (0085.jp2)
  23. 4-2 実験法 / p81 (0086.jp2)
  24. 4-3 化学炎法Ag微粒子を用いて作製したAg膜の導電性 / p84 (0089.jp2)
  25. 4-4 真球形微粒子を用いて作製した金属膜の導電性 / p95 (0100.jp2)
  26. 4-5 化学炎法Ag-Pd系微粒子から作製したAg-Pd合金系導電膜の性状 / p99 (0104.jp2)
  27. 4-6 本章のまとめ / p118 (0123.jp2)
  28. 第5章 結論 / p120 (0125.jp2)
  29. 文献 / p123 (0128.jp2)
  30. 謝辞 / p128 (0133.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075495
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075694
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239809
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ