非病原性イネもみ枯細菌病菌によるトマト青枯病及びイネもみ枯細菌病の発病抑制効果とその機作に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 古屋, 成人 フルヤ, ナルト

書誌事項

タイトル

非病原性イネもみ枯細菌病菌によるトマト青枯病及びイネもみ枯細菌病の発病抑制効果とその機作に関する研究

著者名

古屋, 成人

著者別名

フルヤ, ナルト

学位授与大学

九州大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第4877号

学位授与年月日

1991-02-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 研究史 / p6 (0013.jp2)
  4. 第1章 イネもみ枯細菌病菌が示す抗菌物質産生性 / p10 (0017.jp2)
  5. 第1節 イネもみ枯細菌病菌が示す抗菌活性 / p11 (0018.jp2)
  6. 第1項 各種重要植物病原細菌に対するイネもみ枯細菌病菌抗菌活性の検定 / p11 (0018.jp2)
  7. 第2項 イネもみ枯細菌病菌のトマト青枯病菌株に対する抗菌活性 / p17 (0024.jp2)
  8. 第2節 イネもみ枯細菌病菌の抗菌物質産生性 / p22 (0029.jp2)
  9. 第1項 液体培地における抗菌物質の産生 / p22 (0029.jp2)
  10. 第2項 抗菌物質産生性に及ぼす寒天抽出液の効果 / p24 (0031.jp2)
  11. 第3項 Fe³⁺の添加による阻止帯形成能の変化 / p27 (0034.jp2)
  12. 第3節 考察 / p29 (0036.jp2)
  13. 第2章 イネもみ枯細菌病菌によるトマト青枯病の発病抑制とその機構 / p31 (0038.jp2)
  14. 第1節 トマト青枯病菌の接種法と発病条件 / p31 (0038.jp2)
  15. 第1項 接種用強病原性菌株の選別 / p31 (0038.jp2)
  16. 第2項 浸根接種法によるトマト青枯病の発病率と菌濃度との関係 / p33 (0040.jp2)
  17. 第2節 イネもみ枯細菌病菌によるトマト青枯病発病抑制効果 / p35 (0042.jp2)
  18. 第1項 混合液の針接種法によるトマト青枯病発病抑制効果 / p35 (0042.jp2)
  19. 第2項 浸根処理による発病抑制効果 / p38 (0045.jp2)
  20. 第3項 土壌の種類と発病抑制効果 / p43 (0050.jp2)
  21. 第4項 トマト青枯病発病抑制効果の菌株間差異 / p45 (0052.jp2)
  22. 第3節 イネもみ枯細菌病菌とトマト青枯病の各種条件下における競合 / p48 (0055.jp2)
  23. 第1項 液体培地中、滅菌水中及び滅菌土壌中における競合 / p48 (0055.jp2)
  24. 第2項 トマト根組織上における競合 / p54 (0061.jp2)
  25. 第4節 発病抑制効果における抗菌物質の関与 / p56 (0063.jp2)
  26. 第1項 NTG処理による抗菌物質非産生性イネもみ枯細菌病菌株の作出 / p56 (0063.jp2)
  27. 第2項 抗菌物質非産生株を用いたトマト青枯病発病抑制効果 / p60 (0067.jp2)
  28. 第3項 トマト根組織中における抗菌物質産生性誘導の可能性 / p62 (0069.jp2)
  29. 第4項 死菌によるトマト青枯病発病抑制効果 / p63 (0070.jp2)
  30. 第5節 物理的閉塞の影響 / p67 (0074.jp2)
  31. 第1項 パラフィン、メチルセルロース処理による発病抑制効果 / p67 (0074.jp2)
  32. 第2項 根切断が発病抑制効果に及ぼす影響 / p69 (0076.jp2)
  33. 第6節 イネもみ枯細菌病菌の菌体リポ多糖(LPS)及び菌体外多糖(EPS)による発病抑制効果 / p71 (0078.jp2)
  34. 第1項 菌体リポ多糖(LPS)による発病抑制効果 / p71 (0078.jp2)
  35. 第2項 菌体外多糖(EPS)による発病抑制効果 / p73 (0080.jp2)
  36. 第3項 イネもみ枯細菌病菌の洗浄菌体及び培養ろ液による発病抑制効果 / p75 (0082.jp2)
  37. 第7節 イネもみ枯細菌病菌以外の各種細菌による発病抑制効果 / p77 (0084.jp2)
  38. 第1項 各種植物病原細菌及び腐生菌による発病抑制効果 / p77 (0084.jp2)
  39. 第8節 考察 / p82 (0089.jp2)
  40. 第3章 非病原性イネもみ枯細菌病菌によるイネ幼苗腐敗症及びイネもみ枯細菌病菌の発病抑制とその機構 / p86 (0093.jp2)
  41. 第1節 非病原性イネもみ枯細菌病菌の選別 / p88 (0095.jp2)
  42. 第2節 非病原性イネもみ枯細菌病菌によるイネ幼苗腐敗症の発病抑制効果 / p91 (0098.jp2)
  43. 第1項 発病抑制効果の菌株間差異 / p91 (0098.jp2)
  44. 第2項 浸漬処理用の菌濃度と発病抑制効果との関係 / p97 (0104.jp2)
  45. 第3項 非病原性N7503菌株の各種病原性菌株に対する発病抑制効果 / p99 (0106.jp2)
  46. 第4項 カスガマイシン・キャプタン水和剤との発病抑制効果の比較 / p100 (0107.jp2)
  47. 第5項 発病抑制効果の品種間差異 / p102 (0109.jp2)
  48. 第3節 非病原性イネもみ枯細菌病菌によるイネ幼苗腐敗症発病抑制機作 / p106 (0113.jp2)
  49. 第1項 非病原性菌株の病原性菌株に対する抗菌活性 / p106 (0113.jp2)
  50. 第2項 他種細菌による発病抑制効果 / p109 (0116.jp2)
  51. 第3項 非病原性菌株培養ろ液による発病抑制効果 / p111 (0118.jp2)
  52. 第4項 死菌による発病抑制効果 / p112 (0119.jp2)
  53. 第5項 種子処理法及び接種法の違いが発病抑制効果に及ぼす影響 / p114 (0121.jp2)
  54. 第6項 イネ発芽液中及び滅菌土壌中における競合 / p118 (0125.jp2)
  55. 第7項 イネもみ上における競合 / p122 (0129.jp2)
  56. 第8項 病原性菌株の産生する毒素と発病抑制効果との関係 / p125 (0132.jp2)
  57. 第4節 非病原性イネもみ枯細菌病菌の穂に対する発病抑制効果 / p127 (0134.jp2)
  58. 第5節 考察 / p129 (0136.jp2)
  59. 第4章 総合考察 / p134 (0141.jp2)
  60. 摘要 / p137 (0144.jp2)
  61. Summary / p143 (0150.jp2)
  62. 引用文献 / p146 (0153.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075574
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075773
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000239888
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ