ジアルキルリン酸塩の分子のコンフォメーションと会合構造に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宮外, 清貴 ミヤガイ, キヨタカ

書誌事項

タイトル

ジアルキルリン酸塩の分子のコンフォメーションと会合構造に関する研究

著者名

宮外, 清貴

著者別名

ミヤガイ, キヨタカ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第54号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1編 固体状態のジアルキルリン酸バリウム塩のコンフォメーションとジペンチルリン酸ナトリウム塩-水系の相転移に伴う対イオン及び水分子の配向 / p5 (0008.jp2)
  4. 第1章 ジメチル、ジエチル、エチルメチルリン酸バリウム塩のラマン及び赤外スペクトルと基準振動解析 / p7 (0009.jp2)
  5. 1 緒言 / p7 (0009.jp2)
  6. 2 実験方法 / p9 (0010.jp2)
  7. 3 結果及び考察 / p11 (0011.jp2)
  8. 4 結論 / p25 (0018.jp2)
  9. 第2章 固体状態におけるジアルキルリン酸バリウム塩のアコーディオン振動 / p27 (0019.jp2)
  10. 1 緒言 / p27 (0019.jp2)
  11. 2 実験方法 / p28 (0020.jp2)
  12. 3 結果及び考察 / p29 (0020.jp2)
  13. 4 結論 / p35 (0023.jp2)
  14. 第3章 ジペンチルリン酸ナトリウム塩液晶の相転移に伴う対イオンの結合状態及び水分子の構造変化 / p37 (0024.jp2)
  15. 1 緒言 / p37 (0024.jp2)
  16. 2 実験方法 / p38 (0025.jp2)
  17. 3 結果及び考察 / p39 (0025.jp2)
  18. 4 結論 / p48 (0030.jp2)
  19. 第2編 エチルオクチルリン酸バリウム塩-水二成分系の相構造に関する研究 / p49 (0030.jp2)
  20. 第1章 エチルオクチルリン酸バリウム塩-水二成分系の相図と相構造、¹Hパルス磁場勾配NMR法によって求めた自己拡散係数及びX線回折パターンによる研究 / p51 (0031.jp2)
  21. 1 緒言 / p51 (0031.jp2)
  22. 2 実験方法 / p53 (0032.jp2)
  23. 3 結果及び考察 / p55 (0033.jp2)
  24. 4 結論 / p70 (0041.jp2)
  25. 第2章 エチルオクチルリン酸バリウム塩-水二成分系の相構造、³¹P及び¹³CNMRスペクトルによる研究 / p71 (0041.jp2)
  26. 1 緒言 / p71 (0041.jp2)
  27. 2 実験方法 / p73 (0042.jp2)
  28. 3 結果及び考察 / p75 (0043.jp2)
  29. 4 結論 / p87 (0049.jp2)
  30. 第3章 エチルオクチルリン酸バリウム塩-水二成分系の相構造、赤外及びラマンスペクトルによる研究 / p89 (0050.jp2)
  31. 1 緒言 / p89 (0050.jp2)
  32. 2 実験方法 / p91 (0051.jp2)
  33. 3 結果及び考察 / p93 (0052.jp2)
  34. 4 結論 / p106 (0059.jp2)
  35. 総括 / p107 (0059.jp2)
  36. 参考文献 / p109 (0060.jp2)
  37. PUBLICATIONS / p122 (0067.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075628
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075827
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239942
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ