焼入炭素鋼に対するセラミックスの摩耗形態に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宇佐美, 初彦, 1961- ウサミ, ハツヒコ

書誌事項

タイトル

焼入炭素鋼に対するセラミックスの摩耗形態に関する研究

著者名

宇佐美, 初彦, 1961-

著者別名

ウサミ, ハツヒコ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第59号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 セラミックス登用の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 耐摩耗材料としてのセラミックスの利用状況 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.3 セラミックスの摩擦や摩耗に関する研究の現状 / p2 (0006.jp2)
  6. 1.4 研究の目的 / p3 (0006.jp2)
  7. 1.5 研究の概要 / p4 (0007.jp2)
  8. 第2章 各種セラミックスの摩耗形態 / p6 (0008.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p6 (0008.jp2)
  10. 2.2 試片の特性 / p7 (0008.jp2)
  11. 2.3 実験装置と実験方法 / p11 (0010.jp2)
  12. 2.4 実験結果 / p13 (0011.jp2)
  13. 2.5 考察 / p22 (0016.jp2)
  14. 2.6 結言 / p30 (0020.jp2)
  15. 第3章 アルミナの摩耗挙動 / p33 (0021.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p33 (0021.jp2)
  17. 3.2 実験材料と実験方法 / p34 (0022.jp2)
  18. 3.3 実験結果 / p36 (0023.jp2)
  19. 3.4 考察 / p41 (0025.jp2)
  20. 3.5 結言 / p51 (0030.jp2)
  21. 第4章 炭化けい素の摩耗挙動と摩擦面温度の関係 / p53 (0031.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p53 (0031.jp2)
  23. 4.2 実験装置および実験方法 / p54 (0032.jp2)
  24. 4.3 摩擦面温度について / p58 (0034.jp2)
  25. 4.4 考察 / p62 (0036.jp2)
  26. 4.5 摩擦面温度と摩擦係数および炭化けい素の摩耗量の関係 / p72 (0041.jp2)
  27. 4.6 結言 / p76 (0043.jp2)
  28. 第5章 PSZの摩耗挙動 / p77 (0043.jp2)
  29. 5.1 緒言 / p77 (0043.jp2)
  30. 5.2 実験材料および実験方法 / p77 (0043.jp2)
  31. 5.3 実験結果 / p78 (0044.jp2)
  32. 5.4 考察 / p83 (0046.jp2)
  33. 5.5 結言 / p98 (0054.jp2)
  34. 第6章 結論 / p100 (0055.jp2)
  35. 6.1 本研究で得られた知見 / p100 (0055.jp2)
  36. 6.2 耐摩耗材としてのセラミックス供用の可能性 / p103 (0057.jp2)
  37. 参考文献 / p105 (0058.jp2)
  38. 謝辞 / p109 (0060.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075633
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998425
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239947
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ