多目的推論と高次推論による生産ライン設計支援エキスパートシステム タモクテキ スイロン ト コウジ スイロン ニヨル セイサン ライン セッケイ シエン エキスパート システム

この論文をさがす

著者

    • 山本, 秀彦 ヤマモト, ヒデヒコ

書誌事項

タイトル

多目的推論と高次推論による生産ライン設計支援エキスパートシステム

タイトル別名

タモクテキ スイロン ト コウジ スイロン ニヨル セイサン ライン セッケイ シエン エキスパート システム

著者名

山本, 秀彦

著者別名

ヤマモト, ヒデヒコ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第69号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

甲第069号 主査:舟橋 康行

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1. 緒言 / p5 (0005.jp2)
  3. 2. 生産ライン設計における従来の研究 / p8 (0007.jp2)
  4. 2.1. 生産ライン設計の概要 / p8 (0007.jp2)
  5. 2.2. 工程設計 / p8 (0007.jp2)
  6. 2.3. 作業設計 / p8 (0007.jp2)
  7. 2.4. 生産ライン設計の自動化手法 / p10 (0008.jp2)
  8. 2.5. 本研究の目標設定 / p12 (0009.jp2)
  9. 2.6. 高次推論 / p14 (0010.jp2)
  10. 2.7. オペレーション・リサーチによる意志決定 / p19 (0012.jp2)
  11. 3. 未来生産システムにおけるキ一テクノロジ / p21 (0013.jp2)
  12. 3.1. 生産システムの現状認識 / p21 (0013.jp2)
  13. 3.2. オンラインによる生産ライン設計システム / p23 (0014.jp2)
  14. 3.3. 未来生産工場 / p28 (0017.jp2)
  15. 4. 生産ライン設計支援エキスパートシステム / p33 (0019.jp2)
  16. 4.1. 生産ライン設計における設計者の推論過程 / p33 (0019.jp2)
  17. 4.2. 知識表現 / p33 (0019.jp2)
  18. 5. 生産ライン設計支援エキスパートシステムの推論方法 / p45 (0025.jp2)
  19. 5.1. 推論過程の解析 / p45 (0025.jp2)
  20. 5.2. 多目的評価推論 / p45 (0025.jp2)
  21. 6. あいまい知識のフレーム表現 / p52 (0029.jp2)
  22. 6.1. あいまい知識の体系化 / p52 (0029.jp2)
  23. 6.2. あいまい知識の記述 / p55 (0030.jp2)
  24. 7. 属性間重要度のあいまいインタビュ / p58 (0032.jp2)
  25. 7.1. 問題領域変換 / p58 (0032.jp2)
  26. 7.2. スケール定数インタビュ / p60 (0033.jp2)
  27. 8. 仮説推論による生産ライン設計過程の制御 / p65 (0035.jp2)
  28. 8.1. 生産ライン設計における仮説推論の解明 / p65 (0035.jp2)
  29. 8.2. 仮説推論方法 / p67 (0036.jp2)
  30. 9. 適用事例 / p72 (0039.jp2)
  31. 9.1. システム構成 / p72 (0039.jp2)
  32. 9.2. 設計対象部品 / p73 (0039.jp2)
  33. 9.3. 部品情報入力 / p74 (0040.jp2)
  34. 9.4. 工程組合せ / p75 (0040.jp2)
  35. 9.5. 設備メーカと機械型式の選択 / p76 (0041.jp2)
  36. 9.6. 消去法推論実行 / p78 (0042.jp2)
  37. 9.7. スケール定数インタビュ例 / p79 (0042.jp2)
  38. 9.8. 多属性効用関数値計算結果 / p80 (0043.jp2)
  39. 9.9. 機械台数の決定 / p83 (0044.jp2)
  40. 9.10 最終出力 / p85 (0045.jp2)
  41. 10. 今後の生産ライン設計支援エキスパートシステム / p87 (0046.jp2)
  42. 10.1. 事例ベース推論の意義 / p87 (0046.jp2)
  43. 10.2. 仮説推論による目標設定 / p87 (0046.jp2)
  44. 10.3. 生産ライン設計における事例ベース推論 / p89 (0047.jp2)
  45. 11. 結言 / p91 (0048.jp2)
  46. 参考文献 / p93 (0049.jp2)
  47. 謝辞 / p103 (0054.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075643
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075842
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000239957
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ