地中連続壁の温度ひびわれ制御に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 木村, 克彦 キムラ, カツヒコ

書誌事項

タイトル

地中連続壁の温度ひびわれ制御に関する研究

著者名

木村, 克彦

著者別名

キムラ, カツヒコ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第27号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p4 (0010.jp2)
  5. 1.3 本研究の範囲 / p5 (0010.jp2)
  6. 1.4 本研究で用いる主な記号 / p8 (0012.jp2)
  7. 第2章 地中連続壁に用いるコンクリートの性質 / p11 (0014.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p11 (0014.jp2)
  9. 2.2 温度ひびわれ面からのセメント種類の選定 / p12 (0015.jp2)
  10. 2.3 地中連続壁に用いるコンクリートの性質 / p21 (0019.jp2)
  11. 2.4 まとめ / p44 (0031.jp2)
  12. 第3章 地中連続壁の温度上昇および温度応力の計算法 / p46 (0033.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p46 (0033.jp2)
  14. 3.2 水和熱による温度上昇の計算法 / p48 (0034.jp2)
  15. 3.3 水和熱による温度応力の計算法 / p66 (0043.jp2)
  16. 3.4 地盤による拘束 / p73 (0047.jp2)
  17. 3.5 二面拘束された構造物の拘束度 / p83 (0052.jp2)
  18. 3.6 コンクリート温度応力の簡易計算方法および適用性 / p124 (0072.jp2)
  19. 3.7 まとめ / p128 (0074.jp2)
  20. 第4章 温度ひびわれ発生の評価方法 / p131 (0077.jp2)
  21. 4.1 緒言 / p131 (0077.jp2)
  22. 4.2 本研究で対象とした温度ひびわれ / p133 (0078.jp2)
  23. 4.3 温度ひびわれ発生評価の基本的考え方 / p134 (0079.jp2)
  24. 4.4 実構造物における調査結果による温度ひびわれ指数の特性の分析 / p139 (0081.jp2)
  25. 4.5 温度ひびわれ指数法の適用性 / p147 (0085.jp2)
  26. 4.6 外部拘束度および引張強度が温度ひびわれ発生確率に及ぼす影響 / p149 (0086.jp2)
  27. 4.7 温度ひびわれ指数の算定方法が温度ひびわれ指数と温度ひびわれ発生確率との関係に及ぼす影響 / p154 (0089.jp2)
  28. 4.8 まとめ / p156 (0090.jp2)
  29. 第5章 地中連続壁の温度ひびわれ発生予測方法 / p157 (0091.jp2)
  30. 5.1 緒言 / p157 (0091.jp2)
  31. 5.2 温度ひびわれ発生予測システム / p158 (0092.jp2)
  32. 5.3 地中連続壁の温度ひびわれ発生予測システムの適用性 / p166 (0096.jp2)
  33. 5.4 まとめ / p179 (0102.jp2)
  34. 第6章 地中連続壁の温度ひびわれ制御 / p180 (0104.jp2)
  35. 6.1 緒言 / p180 (0104.jp2)
  36. 6.2 温度ひびわれ制御に関する基本的考え方 / p182 (0105.jp2)
  37. 6.3 配合面からの温度ひびわれ制御 / p183 (0106.jp2)
  38. 6.4 プレクーリングによる地中連続壁の温度ひびわれ制御効果の検討 / p190 (0109.jp2)
  39. 6.5 プレクーリングによる温度ひびわれ制御方法の開発 / p199 (0114.jp2)
  40. 6.6 まとめ / p208 (0118.jp2)
  41. 第7章 結論 / p209 (0120.jp2)
  42. 参考文献 / p213 (0123.jp2)
  43. 謝辞 / p219 (0126.jp2)
  44. 付録 / p220 (0128.jp2)
  45. I 実大壁による高強度地中連続壁に関する実験的研究 / p220 (0128.jp2)
  46. II 高強度地中連続壁の施工例 / p238 (0139.jp2)
  47. III 冷却砂を用いたプレクーリング工法の施工例 / p258 (0153.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075648
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075847
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239962
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ