複合有機非線形光学材料に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 陳, 定宇 チェン, ティンユ

書誌事項

タイトル

複合有機非線形光学材料に関する研究

著者名

陳, 定宇

著者別名

チェン, ティンユ

学位授与大学

静岡大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第63号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. -目次- / (0005.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  3. 1-1 本研究の背景 / p1 (0009.jp2)
  4. 1-2 本研究の目的と本論文の概要 / p5 (0013.jp2)
  5. 参考文献 / p8 (0016.jp2)
  6. 第2章 非線形光学の基礎 / p10 (0018.jp2)
  7. 2-1 緒言 / p10 (0018.jp2)
  8. 2-2 非線形光学効果と第二高調波発生 / p10 (0018.jp2)
  9. 参考文献 / p24 (0032.jp2)
  10. 第3章 粉末法によるSHG活性度の測定 / p25 (0033.jp2)
  11. 3-1 緒言 / p25 (0033.jp2)
  12. 3-2 粉末法の理論と測定方法 / p28 (0036.jp2)
  13. 3-3 粉末法の実験系と試料作製 / p32 (0040.jp2)
  14. 3-4 粉末法の反射型測定系 / p39 (0047.jp2)
  15. 3-5 むすび / p45 (0053.jp2)
  16. 参考文献 / p46 (0054.jp2)
  17. 第4章 アルキル化パラニトロアニリン系有機非線形材料のSHG活性 / p49 (0057.jp2)
  18. 4-1 緒言 / p49 (0057.jp2)
  19. 4-2 合成方法 / p53 (0061.jp2)
  20. 4-3 測定結果と考察 / p57 (0065.jp2)
  21. 4-4 むすび / p67 (0075.jp2)
  22. 参考文献 / p68 (0076.jp2)
  23. 第5章 アルキル化パラニトロアニリンと高分子複合膜のSHG活性 / p71 (0079.jp2)
  24. 5-1 低分子非線形材料と高分子との複合膜の利点と研究の背景 / p71 (0079.jp2)
  25. 5-2 複合膜の作製法 / p75 (0083.jp2)
  26. 5-3 SHG活性度の測定結果と考察 / p76 (0084.jp2)
  27. 5-4 まとめと今後の課題 / p89 (0097.jp2)
  28. 参考文献 / p90 (0098.jp2)
  29. 第6章 低分子有機非線形材料の複合材料のSHG活性 / p93 (0101.jp2)
  30. 6-1 緒言 / p93 (0101.jp2)
  31. 6-2 アルキル化パラニトロアニリンとpNAの複合材料 / p101 (0109.jp2)
  32. 6-3 MNA(2-メチル-4-ニトロアニリン)とpNAの複合試料 / p115 (0123.jp2)
  33. 6-4 pNAとそのN-アルキル誘導体の複合材料による蒸着膜 / p132 (0140.jp2)
  34. 6-5 結論 / p137 (0145.jp2)
  35. 参考文献 / p140 (0148.jp2)
  36. 第7章 結論 / p145 (0153.jp2)
  37. 付録 有機非線形材料の分子設計と結晶設計の指針 / p150 (0158.jp2)
  38. 1 緒言 / p150 (0158.jp2)
  39. 2 二次非線形材料の分子設計 / p152 (0160.jp2)
  40. 3 二次非線形材料の結晶設計と開発の現状 / p158 (0166.jp2)
  41. 4 むすび / p160 (0168.jp2)
  42. 参考文献 / p170 (0178.jp2)
  43. 本研究に関する論文及び学術発表 / p181 (0189.jp2)
  44. 謝辞 / p183 (0191.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075656
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075855
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239970
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ