葉緑体ATP合成酵素γサブユニットの遺伝子の同定と光による発現調節機構

この論文をさがす

著者

    • 猪原, 直弘 イノハラ, ナオヒロ

書誌事項

タイトル

葉緑体ATP合成酵素γサブユニットの遺伝子の同定と光による発現調節機構

著者名

猪原, 直弘

著者別名

イノハラ, ナオヒロ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4247号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

09641

博士(理学)

1991-03-26

大阪大学

14401甲第04247号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1 略号 / p1 (0008.jp2)
  3. 2 発表論文 / p2 (0009.jp2)
  4. 3 要旨 / p3 (0010.jp2)
  5. 4 序論 / p4 (0011.jp2)
  6. 4.1 光合成とその調節機構 / p4 (0011.jp2)
  7. 4.2 光合成タンパク質の発現調節 / p5 (0012.jp2)
  8. 4.3 光による酵素活性の調節 / p7 (0014.jp2)
  9. 4.4 葉緑体ATP合成酵素のサブユニット構造とγサブユニットの役割 / p7 (0014.jp2)
  10. 4.5 光による光合成タンパク質の発現調節 / p10 (0017.jp2)
  11. 4.6 光合成タンパク質の転写調節 / p12 (0019.jp2)
  12. 4.7 CF₀F₁のサブユニットをコードする遺伝子の構造と発現 / p14 (0021.jp2)
  13. 4.8 本研究の目的 / p17 (0024.jp2)
  14. 5 方法と材料 / p19 (0026.jp2)
  15. 5.1 植物材料 / p19 (0026.jp2)
  16. 5.2 ベクターおよび宿主大腸菌 / p19 (0026.jp2)
  17. 5.3 シロイヌナズナの葉緑体ATP合成酵素のγサブユニットをコードする遺伝子のクローニング / p20 (0027.jp2)
  18. 5.4 mRNAの検出 / p21 (0028.jp2)
  19. 5.5 ホウレンソウ CF₀F₁γサブユニットをコードする遺伝子atpCのクローニング / p22 (0029.jp2)
  20. 5.6 S1 nuc1easeを用いた転写開始点の決定 / p22 (0029.jp2)
  21. 5.7 発現プラスミドの作製 / p23 (0030.jp2)
  22. 5.8 組換え遺伝子のタバコ培養細胞における発現と転写活性の測定 / p24 (0031.jp2)
  23. 5.9 核タンパク質の調製 / p25 (0032.jp2)
  24. 5.10 シロイヌナズナatpC1の上流領域に結合する核タンパク質の検出 / p26 (0033.jp2)
  25. 5.11 核タンパク質結合部位の同定 / p27 (0034.jp2)
  26. 5.12 抗体を用いたβおよびγサブユニットの同定 / p28 (0035.jp2)
  27. 5.13 その他 / p29 (0036.jp2)
  28. 5.14 試薬 / p29 (0036.jp2)
  29. 6 シロイヌナズナCF₀F₁γサブユニット遺伝子の単離と塩基配列の決定 / p30 (0037.jp2)
  30. 6.1 シロイヌナズナCF₀F₁γサブユニット遺伝子の単離 / p30 (0037.jp2)
  31. 6.2 シロイヌナズナγサブユニットをコードする遺伝子(atpC1,atpC2)の塩基配列 / p31 (0038.jp2)
  32. 6.3 考察 / p36 (0043.jp2)
  33. 7 atpC1およびatpC2遺伝子のコードするCF₀F₁γサブユニットの一次構造 / p39 (0046.jp2)
  34. 7.1 γサブユニット前駆体の一次構造 / p39 (0046.jp2)
  35. 7.2 γサブユニットのtransit peptideの構造 / p39 (0046.jp2)
  36. 7.3 γサブユニットの一次構造の普遍性 / p41 (0048.jp2)
  37. 7.4 光調節ドメインの保存性 / p43 (0050.jp2)
  38. 7.5 考察 / p44 (0051.jp2)
  39. 8 ホウレンソウCF₀F₁γサブユニットをコードする遺伝子atpCの解析 / p50 (0057.jp2)
  40. 8.1ホウレンソウCF₀F₁γサブユニットをコードする遺伝子atpCの単離 / p50 (0057.jp2)
  41. 8.2 ホウレンソウatpCのイントロン・エキソン構造 / p51 (0058.jp2)
  42. 8.3 ホウレンソウatpCのイントロンの塩基配列の特徴 / p52 (0059.jp2)
  43. 8.4 考察 / p52 (0059.jp2)
  44. 9 シロイヌナズナatpC1遺伝子の光応答性発現 / p56 (0063.jp2)
  45. 9.1 シロイヌナズナatpC1およびatpC2遺伝子の緑葉中での発現 / p56 (0063.jp2)
  46. 9.2 光によって誘導されるシロイヌナズナCF₀F₁γサブユニットの合成 / p57 (0064.jp2)
  47. 9.3 atpC1遺伝子の光応答性発現 / p58 (0065.jp2)
  48. 9.4 atpC1遺伝子の転写開始点の決定 / p58 (0065.jp2)
  49. 9.5 atpC1遺伝子の上流領域のもつ転写活性 / p59 (0066.jp2)
  50. 9.6 atpC1の上流領域にする核タンパク質の同定 / p60 (0067.jp2)
  51. 9.7 考察 / p64 (0071.jp2)
  52. 10 atpC2遺伝子の上流領域の特徴 / p73 (0080.jp2)
  53. 10.1 シロイヌナズナatpC1遺伝子およびホウレンソウatpC遺伝子との比較 / p73 (0080.jp2)
  54. 10.2 atpC2遺伝子の機能に関する考察 / p74 (0081.jp2)
  55. 11 総括と今後の展望 / p76 (0083.jp2)
  56. 11.1 光調節ドメインによる調節機構 / p76 (0083.jp2)
  57. 11.2 光調節ドメインを介した活性調節機構の解明への今後の展望 / p77 (0084.jp2)
  58. 11.3 光によるatpC1の発現調節機構 / p79 (0086.jp2)
  59. 11.4 光による転写調節機構の解明への今後の展望 / p80 (0087.jp2)
  60. 12 引用文献 / p82 (0089.jp2)
  61. 13 謝辞 / p110 (0118.jp2)
  62. 図表 / p111 (0119.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075682
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075881
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000239996
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ