最小粘性抵抗をもつ軸対称物体の形状に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 余, 志慶 ユ, ジイチン

書誌事項

タイトル

最小粘性抵抗をもつ軸対称物体の形状に関する研究

著者名

余, 志慶

著者別名

ユ, ジイチン

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4341号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

09735

博士(工学)

1991-03-26

大阪大学

14401甲第04341号

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0002.jp2)
  3. 本論 / p6 (0009.jp2)
  4. 第1章 細長体近似による粘性抵抗推定法 / p8 (0011.jp2)
  5. 1.1 理論 / p8 (0011.jp2)
  6. 1.2 内部境界層流れ計算法 / p11 (0014.jp2)
  7. 1.3 外部ポテンシャル流場計算法 / p13 (0016.jp2)
  8. 1.4 粘性抵抗計算法及び実験結果との比較 / p13 (0016.jp2)
  9. 1.5 模型シリーズに関する計算結果 / p15 (0018.jp2)
  10. 1.6 第1章の結論 / p16 (0019.jp2)
  11. 第2章 高次境界層理論による粘性抵抗推定法 / p18 (0021.jp2)
  12. 2.1 ポテンシャル流場計算法 / p18 (0021.jp2)
  13. 2.2 境界層計算法 / p18 (0021.jp2)
  14. 2.3 粘性抵抗計算法及び実験結果との比較 / p21 (0024.jp2)
  15. 2.4 第2章の結論 / p21 (0024.jp2)
  16. 第3章 影響関数の導出 / p23 (0026.jp2)
  17. 3.1 物体形状の微小変形に伴うポテンシャル流場の変化 / p23 (0026.jp2)
  18. 3.2 物体形状の微小変形に伴う境界層パラメータの変化 / p24 (0027.jp2)
  19. 3.3 物体形状の微小変形に伴う粘性抵抗の変化及び影響関数 / p25 (0028.jp2)
  20. 3.4 第3章の結論 / p26 (0029.jp2)
  21. 第4章 物体形状の改良及び最適形状 / p27 (0030.jp2)
  22. 4.1 拘束条件及び計算手順 / p27 (0030.jp2)
  23. 4.2 平行部をもたない初期形状の場合 / p29 (0032.jp2)
  24. 4.3 平行部をもつ初期形状の場合 / p32 (0035.jp2)
  25. 4.4 影響関数の振動について / p32 (0035.jp2)
  26. 4.5 第4章の結論 / p33 (0036.jp2)
  27. 結論 / p35 (0038.jp2)
  28. 謝辞 / p37 (0040.jp2)
  29. 参考文献 / p38 (0041.jp2)
  30. 主な記号 / p42 (0045.jp2)
  31. 付録1 細長体近似における外部解,内部解の接合条件 / p44 (0047.jp2)
  32. 付録2 境界層計算の各項の詳細 / p49 (0052.jp2)
  33. 付録3 曲率の扱い方 / p50 (0053.jp2)
  34. 付録4 物体の微小変形によるポテンシャル流場の変化 / p53 (0056.jp2)
  35. 付録5 物体の微小変形による境界層パラメータの変化 / p55 (0058.jp2)
  36. 付録6 抵抗変化の式の中の各項の詳細 / p58 (0061.jp2)
  37. 図表一覧 / p59 (0062.jp2)
  38. 図表 / (0064.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075776
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075976
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240090
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ