インコヒーレント光/電子複合型画像認識システムの研究 Study on incoherent-optical/electronic hybrid pattern recognition systems

この論文をさがす

著者

    • 野村, 孝徳 ノムラ, タカノリ

書誌事項

タイトル

インコヒーレント光/電子複合型画像認識システムの研究

タイトル別名

Study on incoherent-optical/electronic hybrid pattern recognition systems

著者名

野村, 孝徳

著者別名

ノムラ, タカノリ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4348号

学位授与年月日

1991-03-26

注記・抄録

博士論文

09742

博士(工学)

1991-03-26

大阪大学

14401甲第04348号

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1章 2次元相関関数を用いたパターン認識 / p4 (0010.jp2)
  4. §1-1 緒言 / p4 (0010.jp2)
  5. §1-2 2次元相関関数とパターンマッチング / p4 (0010.jp2)
  6. §1-3 2次元フーリエ変換を用いたパターンマッチング / p5 (0010.jp2)
  7. §1-3-1 ディジタル処理系による実現 / p6 (0011.jp2)
  8. §1-3-2 光学処理系による実現 / p6 (0011.jp2)
  9. §1-3-3 ハイブリッド処理系による実現 / p7 (0011.jp2)
  10. §1-4 シアリング干渉計 / p8 (0012.jp2)
  11. §1-4-1 回転シアリング干渉計 / p8 (0012.jp2)
  12. §1-4-2 ラディアルシアリング干渉計 / p14 (0015.jp2)
  13. §1-4-3 高原のスペクトル分布 / p15 (0015.jp2)
  14. §1-5 結言 / p16 (0016.jp2)
  15. 第2章 光学的余弦変換を用いたハイブリッドパターンマッチング / p17 (0016.jp2)
  16. §2-1 緒言 / p17 (0016.jp2)
  17. §2-2 余弦変換を用いたパターンマッチング / p17 (0016.jp2)
  18. §2-3 ハイブリッドパターンマッチングシステム / p19 (0017.jp2)
  19. §2-4 バイナリーインコヒーレントホログラム / p20 (0018.jp2)
  20. §2-5 実験システムの試作および実験 / p24 (0020.jp2)
  21. §2-5-1 実験システムの試作 / p25 (0020.jp2)
  22. §2-5-2 光学的余弦変換 / p27 (0021.jp2)
  23. §2-5-3 光源のスペクトル分布 / p29 (0022.jp2)
  24. §2-5-4 シア量 / p29 (0022.jp2)
  25. §2-5-5 パターンマッチング / p31 (0023.jp2)
  26. §2-6 処理速度の評価 / p34 (0025.jp2)
  27. §2-7 結言 / p35 (0025.jp2)
  28. 第3章 光学的ハートレー変換を用いたハイブリッドパターンマッチング / p37 (0026.jp2)
  29. §3-1 緒言 / p37 (0026.jp2)
  30. §3-2 ハートレー変換を用いたパターンマッチング / p37 (0026.jp2)
  31. §3-3 実験結果 / p40 (0028.jp2)
  32. §3-3-1 計算機シミュレーション / p40 (0028.jp2)
  33. §3-3-2 ハイブリッドシステムにおける実験 / p42 (0029.jp2)
  34. §3-4 結言 / p44 (0030.jp2)
  35. 第4章 2値フーリエ位相相関 / p46 (0031.jp2)
  36. §4-1 緒言 / p46 (0031.jp2)
  37. §4-2 位相フィルタと2値位相フィルタ / p46 (0031.jp2)
  38. §4-3 フーリエ位相相関と2値フーリエ位相相関 / p48 (0032.jp2)
  39. §4-4 従来の相関法との比較 / p49 (0032.jp2)
  40. §4-5 2値フーリエ位相相関の空間周波数面における振る舞い / p52 (0034.jp2)
  41. §4-6 2値フーリエ位相相関の問題点とその解決策 / p57 (0036.jp2)
  42. §4-6-1 高調波の問題 / p57 (0036.jp2)
  43. §4-6-2 テスト物体のフーリエ変換の3値化 / p58 (0037.jp2)
  44. §4-7 偏光素子を用いた2値フーリエ位相相関 / p60 (0038.jp2)
  45. §4-8 結言 / p63 (0039.jp2)
  46. 第5章 多物体認識フィルタの設計 / p65 (0040.jp2)
  47. §5-1 緒言 / p65 (0040.jp2)
  48. §5-2 従来の多物体認識 / p65 (0040.jp2)
  49. §5-2-1 座標変換を利用した多物体認識 / p65 (0040.jp2)
  50. §5-2-2 関数展開を利用した多物体認識 / p66 (0041.jp2)
  51. §5-2-3 合成識別関数フィルタ / p66 (0041.jp2)
  52. §5-3 多数決法による多物体認識フィルタの設計 / p69 (0042.jp2)
  53. §5-3-1 設計法 / p69 (0042.jp2)
  54. §5-3-2 多数決法 / p69 (0042.jp2)
  55. §5-3-3 実験結果 / p72 (0044.jp2)
  56. §5-4 二乗誤差最小化法による多物体認識フィルタの設計 / p73 (0044.jp2)
  57. §5-4-1 評価関数の決定 / p74 (0045.jp2)
  58. §5-4-2 サイドロープの問題 / p74 (0045.jp2)
  59. §5-4-3 シミュレーティッド・アニーリングによる解法 / p75 (0045.jp2)
  60. §5-5 結言 / p84 (0050.jp2)
  61. 総括 / p85 (0050.jp2)
  62. 謝辞 / p88 (0052.jp2)
  63. 参考文献 / p89 (0052.jp2)
  64. 著者発表論文 / p93 (0054.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075783
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000075983
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000240097
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ