凝集沈殿の高速・最適化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 角田, 省吾 ツノダ, ショウゴ

書誌事項

タイトル

凝集沈殿の高速・最適化に関する研究

著者名

角田, 省吾

著者別名

ツノダ, ショウゴ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5236号

学位授与年月日

1991-01-14

注記・抄録

博士論文

09462

博士(工学)

1991-01-14

大阪大学

14401乙第05236号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的と意義 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 既往の研究の概要 / p3 (0006.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p9 (0009.jp2)
  6. 第2章 各種凝集撹絆槽の凝集操作指標に関する研究 / p11 (0010.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p11 (0010.jp2)
  8. 2.2 回分凝集撹絆操作における残留濃度曲線 / p12 (0011.jp2)
  9. 2.3 各種凝集撹拌槽の混合特性 / p23 (0016.jp2)
  10. 2.4 連続凝集撹拌槽の残留濃度曲線 / p34 (0022.jp2)
  11. 2.5 本章の要約 / p44 (0027.jp2)
  12. 第3章 処理の高速化のための凝集操作に関する研究 / p46 (0028.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p46 (0028.jp2)
  14. 3.2 凝集撹絆槽の混合特性指標PeBがフロックブランケット層の清澄分離性能に及ぼす影響 / p46 (0028.jp2)
  15. 3.3 高速化のための凝集操作指標の検討 / p56 (0033.jp2)
  16. 3.4 本章の要約 / p69 (0039.jp2)
  17. 第4章 高速凝集沈殿池の実用化に関する研究 / p71 (0040.jp2)
  18. 4.1 まえがき / p71 (0040.jp2)
  19. 4.2 実用設計法の検討 / p71 (0040.jp2)
  20. 4.3 実用性の評価 / p83 (0046.jp2)
  21. 4.4 本章の要約 / p89 (0049.jp2)
  22. 第5章 高密度フロック形成に関する研究 / p91 (0050.jp2)
  23. 5.1 まえがき / p91 (0050.jp2)
  24. 5.2 フロックの緻密化に関連する既往の研究 / p91 (0050.jp2)
  25. 5.3 高密度フロックの生成機構 / p93 (0051.jp2)
  26. 5.4 実験装置および方法 / p105 (0057.jp2)
  27. 5.5 実験結果および考察 / p108 (0059.jp2)
  28. 5.6 水処理技術への波及効果 / p127 (0068.jp2)
  29. 5.7 本章の要約 / p133 (0071.jp2)
  30. 第6章 超高速凝集沈殿池の実用化に関する研究 / p135 (0072.jp2)
  31. 6.1 まえがき / p135 (0072.jp2)
  32. 6.2 実用設計法の検討 / p136 (0073.jp2)
  33. 6.3 超高速沈殿池の機能評価 / p144 (0077.jp2)
  34. 6.4 本章の要約 / p155 (0082.jp2)
  35. 第7章 本研究の総括ならびに結論 / p156 (0083.jp2)
  36. 記号 / p164 (0087.jp2)
  37. 謝辞 / p168 (0089.jp2)
  38. 引用文献 / p169 (0089.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075833
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076033
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240147
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ