脳循環障害モデル動物における神経伝達物質の変動

この論文をさがす

著者

    • 熊谷, 善弘 クマガエ, ヨシヒロ

書誌事項

タイトル

脳循環障害モデル動物における神経伝達物質の変動

著者名

熊谷, 善弘

著者別名

クマガエ, ヨシヒロ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第5279号

学位授与年月日

1991-02-04

注記・抄録

博士論文

09506

薬学博士

1991-02-04

大阪大学

14401乙第05279号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 本論 / p2 (0005.jp2)
  4. 第I章 60分虚血と再開通2日後までの脳内コリン系の変動 / p2 (0005.jp2)
  5. 第1節 アセチルコリンとコリンの含量の変化 / p3 (0005.jp2)
  6. 第2節 In vivoにおけるアセチルコリン遊離の変化 / p7 (0007.jp2)
  7. 第3節 アセチルコリン合成能の変化 / p10 (0009.jp2)
  8. 第4節 考察と小括 / p13 (0010.jp2)
  9. 第II章 30分虚血と再開通7日後までの脳内コリン系の変動 / p17 (0012.jp2)
  10. 第1節 虚血当日の組織内アセチルコリン含量と遊離の変化 / p17 (0012.jp2)
  11. 第2節 再開通1日後から7日後のアセチルコリン含量と遊離の変化 / p21 (0014.jp2)
  12. 第3節 考察と小括 / p23 (0015.jp2)
  13. 第III章 30分虚血と再開通7日後までの脳内モノアミン系の変動 / p26 (0017.jp2)
  14. 第1節 虚血当日の組織内モノアミン含量と遊離の変化 / p26 (0017.jp2)
  15. 第2節 再開通1日後から7日後のモノアミン含量と遊離の変化 / p33 (0020.jp2)
  16. 第3節 考察と小括 / p35 (0021.jp2)
  17. 第IV節 血流再開通直後のモノアミン脱アミノ化と線条体の細胞変性 / p38 (0023.jp2)
  18. 第1節 RS-8359によるA型モノアミン酸化酵素の阻害 / p38 (0023.jp2)
  19. 第2節 再開通直後のモノアミン脱アミノ化の亢進におけるモノアミン酸化酵素の関与 / p42 (0025.jp2)
  20. 第3節 モノアミン酸化酵素阻害剤による線条体の細胞変性の抑制 / p44 (0026.jp2)
  21. 第4節 考察と小括 / p48 (0028.jp2)
  22. 総括と結論 / p51 (0029.jp2)
  23. 謝辞 / p54 (0031.jp2)
  24. 引用文献 / p55 (0031.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075876
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076077
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240190
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ