脳機能障害改善作用を有するキナゾリン誘導体の合成と構造活性相関に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 堀, 学 ホリ, マナブ

書誌事項

タイトル

脳機能障害改善作用を有するキナゾリン誘導体の合成と構造活性相関に関する研究

著者名

堀, 学

著者別名

ホリ, マナブ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第5282号

学位授与年月日

1991-02-15

注記・抄録

博士論文

09510

博士(薬学)

1991-02-15

大阪大学

14401乙第05282号

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 総論 / p1 (0003.jp2)
  3. 本論 / p7 (0006.jp2)
  4. 第1章 4-Phenoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の合成と薬理作用 / p7 (0006.jp2)
  5. 第1節 4-Phenoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の合成 / p8 (0007.jp2)
  6. 第2節 4-Phenoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の抗けいれん作用 / p12 (0009.jp2)
  7. 第3節 4-Phenoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の抗ハイポキシア作用および抗健忘作用 / p16 (0011.jp2)
  8. 第4節 4-Phenoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の協調運動抑制作用および睡眠増強作用 / p17 (0011.jp2)
  9. 第2章 4-Aikoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の合成と薬理作用 / p21 (0013.jp2)
  10. 第1節 4-Alkoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の合成 / p21 (0013.jp2)
  11. 第2節 4-Alkoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の抗けいれん作用 / p26 (0016.jp2)
  12. 第3節 4-Alkoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の抗ハイポキシア作用および抗健忘作用 / p34 (0020.jp2)
  13. 第4節 4-Aikoxy-2-(1-piperazinyl)quinazoline誘導体の協調運動抑制作用および睡眠増強作用 / p36 (0021.jp2)
  14. 第3章 2-(4-Allyl-l-piperazinyl)quinazoline構造変換と向知薬の選択 / p37 (0021.jp2)
  15. 第1節 2-(4-Allyl-l-piperazinyl)quinazoline構造変換体の合成 / p37 (0021.jp2)
  16. 第2節 2-(4-Allyl-l-piperazinyl)quinazoline誘導体の抗健忘作用 / p43 (0024.jp2)
  17. 第3節 理想的な向知薬の選択 / p45 (0025.jp2)
  18. 結論 / p47 (0026.jp2)
  19. 謝辞 / p49 (0027.jp2)
  20. 実験の部 / p50 (0028.jp2)
  21. 引用文献 / p67 (0036.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075879
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076080
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240193
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ