研削バリの生成機構とその抑制法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山川, 純次 ヤマカワ, ジュンジ

書誌事項

タイトル

研削バリの生成機構とその抑制法に関する研究

著者名

山川, 純次

著者別名

ヤマカワ, ジュンジ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5323号

学位授与年月日

1991-02-28

注記・抄録

博士論文

09551

博士(工学)

1991-02-28

大阪大学

14401乙第05323号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 バリの表示法とその一般的な特徴 / p5 (0007.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p5 (0007.jp2)
  5. 1.2 研削バリの発生部位と表示法 / p5 (0007.jp2)
  6. 1.3 実験方法と条件 / p8 (0009.jp2)
  7. 1.4 発生部位によるバリの特徴 / p11 (0010.jp2)
  8. 1.5 バリの肥大化に及ぼす研削条件の影響 / p15 (0012.jp2)
  9. l.6 端面近傍における塑性流動域の拡大過程 / p21 (0015.jp2)
  10. 1.7 結言 / p25 (0017.jp2)
  11. 参考文献 / p26 (0018.jp2)
  12. 第2章 出口バリの生成機構 / p27 (0018.jp2)
  13. 2.1 諸言 / p27 (0018.jp2)
  14. 2.2 工作物の端面角と塑性流勤領域の関係 / p28 (0019.jp2)
  15. 2.3 端末部における切り残しとバリの関係 / p30 (0020.jp2)
  16. 2.4 結言 / p40 (0025.jp2)
  17. 参考文献 / p41 (0025.jp2)
  18. 第3章 出口バリの生成に関する力学的な検討 / p42 (0026.jp2)
  19. 3.1 緒言 / p42 (0026.jp2)
  20. 3.2 数値解析の方法 / p42 (0026.jp2)
  21. 3.3 計算の結果と考察 / p48 (0029.jp2)
  22. 3.4 結言 / p55 (0032.jp2)
  23. 参考文献 / p56 (0033.jp2)
  24. 第4章 入口バリの生成機構 / p57 (0033.jp2)
  25. 4.1 緒言 / p57 (0033.jp2)
  26. 4.2 入口バリの形状,寸法に及ぼす研削条件の影響 / p57 (0033.jp2)
  27. 4.3 有限要素法による応力解析 / p62 (0036.jp2)
  28. 4.4 塑性流動領域に及ぼす切削力と熱応力の影響 / p63 (0036.jp2)
  29. 4.5 切削力と熱応力が同時に作用する場合のバリの生成状態 / p66 (0038.jp2)
  30. 4.6 結言 / p69 (0039.jp2)
  31. 参考文献 / p69 (0039.jp2)
  32. 第5章 横バリの生成機構 / p71 (0040.jp2)
  33. 5.1 緒言 / p71 (0040.jp2)
  34. 5.2 有限要素法による応力解析 / p71 (0040.jp2)
  35. 5.3 塑性域の形成におよぼす熱応力と切削力の影響 / p74 (0042.jp2)
  36. 5.4 熱応力と切削力が同時に作用する場合の塑性域 / p76 (0043.jp2)
  37. 5.5 横バリに関する実験的検討 / p78 (0044.jp2)
  38. 5.6 結言 / p81 (0045.jp2)
  39. 参考文献 / p82 (0046.jp2)
  40. 第6章 欠けの生成機構 / p83 (0046.jp2)
  41. 6.1 緒言 / p83 (0046.jp2)
  42. 6.2 有限要素法による応力解析の方法と条件 / p83 (0046.jp2)
  43. 6.3 砥粒の切削力にもとづく主応力の分布状態 / p85 (0047.jp2)
  44. 6.4 実験方法および条件 / p91 (0050.jp2)
  45. 6.5 欠けに及ぼす研削条件の影響 / p91 (0050.jp2)
  46. 6.6 結言 / p94 (0052.jp2)
  47. 参考文献 / p94 (0052.jp2)
  48. 第7章 研削バリの抑制策 / p96 (0053.jp2)
  49. 7.1 緒言 / p96 (0053.jp2)
  50. 7.2 研削砥石の選定指針 / p96 (0053.jp2)
  51. 7.3 面取りの効果について / p99 (0054.jp2)
  52. 7.4 バックアップ材の効果について / p100 (0055.jp2)
  53. 7.5 結言 / p102 (0056.jp2)
  54. 参考文献 / p103 (0056.jp2)
  55. 総括 / p104 (0057.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000075920
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076121
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240234
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ