チューインガム法による乳歯列期の咀嚼能力と咬合接触面積について Studies, by the chewing-gum method, on the occlusal contact area and masticatory performance in primary dentition

この論文をさがす

著者

    • 長澤, 篤 ナガサワ, アツシ

書誌事項

タイトル

チューインガム法による乳歯列期の咀嚼能力と咬合接触面積について

タイトル別名

Studies, by the chewing-gum method, on the occlusal contact area and masticatory performance in primary dentition

著者名

長澤, 篤

著者別名

ナガサワ, アツシ

学位授与大学

日本大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

甲第2093号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076084
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076286
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240398
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ