プレストレストコンクリート曲げ部材の復元力特性に関する研究 A study on restoring force characteristics of prestressed concrete flexural beams

この論文をさがす

著者

    • 岡田, 満 オカダ, ミツル

書誌事項

タイトル

プレストレストコンクリート曲げ部材の復元力特性に関する研究

タイトル別名

A study on restoring force characteristics of prestressed concrete flexural beams

著者名

岡田, 満

著者別名

オカダ, ミツル

学位授与大学

日本大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4113号

学位授与年月日

1991-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 研究目的および論文の構成 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 記号の一覧 / p5 (0009.jp2)
  6. 第2章 曲げ部材の復元力特性に関する既往の研究 / p8 (0012.jp2)
  7. 2.1 ファイバーモデル / p8 (0012.jp2)
  8. 2.2 曲げモーメント-曲率モデル / p9 (0013.jp2)
  9. 2.3 荷重-変形モデル / p12 (0016.jp2)
  10. 2.4 既往の研究の総括 / p22 (0026.jp2)
  11. 第3章 復元力特性モデル設定の検討に用いる実験試料 / p23 (0027.jp2)
  12. 3.1 試験体形状および載荷方法 / p24 (0028.jp2)
  13. 3.2 実験要因および水準 / p27 (0031.jp2)
  14. 3.3 材料試験結果、部材の実験結果および解析に用いた諸元 / p33 (0037.jp2)
  15. 第4章 復元力特性のモデル化 / p43 (0047.jp2)
  16. 4.1 スケルトンカーブの定量化 / p43 (0047.jp2)
  17. 4.2 復元力特性モデルの概要 / p53 (0057.jp2)
  18. 4.3 除荷時の勾配 / p54 (0058.jp2)
  19. 4.4 提案モデルの決定 / p64 (0068.jp2)
  20. 第5章 提案モデルの適合性 / p65 (0069.jp2)
  21. 5.1 部材の荷重-変形関係および等価粘性減衰定数 / p65 (0069.jp2)
  22. 5.2 提案モデルによる等価粘性減衰定数の計算値と実験値の相関 / p76 (0080.jp2)
  23. 4.6 提案モデルと岡本モデルとの比較検討 / p77 (0081.jp2)
  24. 第6章 結論 / p79 (0083.jp2)
  25. 謝辞 / p83 (0087.jp2)
  26. 参考文献 / p85 (0089.jp2)
  27. 付録-A 荷重-変形関係および等価粘性減衰定数 / p90 (0094.jp2)
  28. 付録-B 計算例[1](鉄筋コンクリート柱の擬似動実験) / p124 (0128.jp2)
  29. 付録-C 計算例[2](プレストレストコンクリート架講) / p129 (0133.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076106
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076308
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240420
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ