トマス・モアの社会経済思想

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 一夫, 1925- カトウ, カズオ

書誌事項

タイトル

トマス・モアの社会経済思想

著者名

加藤, 一夫, 1925-

著者別名

カトウ, カズオ

学位授与大学

東京経済大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第2号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. まえがき / p1 (0010.jp2)
  2. 第一章 イングランドの現実 / p13 (0016.jp2)
  3. 第一節 「イングランドの羊」 / p13 (0016.jp2)
  4. 第二節 貪欲の背後にあるもの / p24 (0022.jp2)
  5. 第三節 牧羊囲い込みの「社会的結果」 / p34 (0027.jp2)
  6. 第四節 顧問官論争 / p43 (0031.jp2)
  7. 第五節 国王への期待と幻滅 / p49 (0034.jp2)
  8. 第六節 十六世紀前半のコモンウェルス論 / p56 (0038.jp2)
  9. 第二章 「正義の島」ユートピア / p71 (0045.jp2)
  10. 第一節 共有と皆労の島 / p71 (0045.jp2)
  11. 第二節 「精神の洗練」のための条件 / p79 (0049.jp2)
  12. 第三節 学者身分と職人身分 / p88 (0054.jp2)
  13. 第四節 プラトニストとしてのモア / p94 (0057.jp2)
  14. 第五節 社会の制度と人間の罪業 / p106 (0063.jp2)
  15. 第六節 慈善の徳と正義の要請 / p115 (0067.jp2)
  16. 第七節 「モア」の共有批判について / p124 (0072.jp2)
  17. 第八節 カウツキーの『ユートピア』解釈 / p137 (0078.jp2)
  18. 第九節 十六世紀以降の経済思想の歴史 / p148 (0084.jp2)
  19. 第十節 理想社会論争 / p158 (0089.jp2)
  20. 第三章『ユートピア』執筆後のモアの思想動向 / p177 (0098.jp2)
  21. 第一節 ユートピア島の王座 / p177 (0098.jp2)
  22. 第二節 ヒューマニズム擁護のための論争 / p181 (0100.jp2)
  23. 第三節 ルターヘの批判 / p194 (0107.jp2)
  24. 第四節 ティンダルへの論駁 / p209 (0114.jp2)
  25. 第五節 現世における「ビジネス」の意義 / p225 (0122.jp2)
  26. 第六節 モアの「変説」 / p241 (0130.jp2)
  27. 第七節 上演されることのなかった史劇 / p254 (0137.jp2)
  28. 目次 / (0148.jp2)
  29. 一 アームストロングの商人論 / p9 (0150.jp2)
  30. 二 スターキーの「真のコモンウィール」 / p67 (0179.jp2)
  31. 三 宗教改革後の社会思想―ブリンクロウとクロウリー― / p107 (0199.jp2)
  32. 四 エドワード六世時代の経済改革論―『諸政策』と『福祉論』― / p189 (0240.jp2)
  33. 五 商人チャムリーの貿易差額論 / p261 (0276.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076197
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998466
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240511
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ