分布型水文情報に対応する流出モデルの開発

この論文をさがす

著者

    • 陸, 旻皎 リク, ビンコウ

書誌事項

タイトル

分布型水文情報に対応する流出モデルの開発

著者名

陸, 旻皎

著者別名

リク, ビンコウ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第47号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0011.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0011.jp2)
  4. 1.2 研究の必要性 / p3 (0013.jp2)
  5. 1.3 研究の目的 / p4 (0014.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成及び内容 / p5 (0015.jp2)
  7. 2 モデルの構築 / p7 (0017.jp2)
  8. 2.1 モデルの概要 / p7 (0017.jp2)
  9. 2.2 流出量の推定 / p9 (0019.jp2)
  10. 2.3 擬河道網の算出手法 / p10 (0020.jp2)
  11. 2.4 擬河道網における直接流出の追跡 / p15 (0025.jp2)
  12. 2.5 基底流出の追跡 / p16 (0026.jp2)
  13. 2.6 擬河道網における河道則 / p16 (0026.jp2)
  14. 2.7 河道則を利用した最適追跡手順の決定 / p20 (0030.jp2)
  15. 2.8 擬河道網算出手法の検討 / p22 (0032.jp2)
  16. 2.9 まとめ / p23 (0033.jp2)
  17. 3 モデルパラメーターに関する検討 / p29 (0039.jp2)
  18. 3.1 山地小流域の川幅及び粗度に関する現地調査 / p29 (0039.jp2)
  19. 3.2 現地調査の結果 / p32 (0042.jp2)
  20. 3.3 Manningの粗度係数の流下方向での変化 / p36 (0046.jp2)
  21. 3.4 河道特性モデル及びその流出モデルへの組み込み / p37 (0047.jp2)
  22. 3.5 実験流域での洪水解析 / p38 (0048.jp2)
  23. 3.6 まとめ / p43 (0053.jp2)
  24. 4 水文現象の数値シミュレーション / p44 (0054.jp2)
  25. 4.1 降雨時空間分布の流出への影響 / p44 (0054.jp2)
  26. 4.2 河道特性の流出への影響 / p51 (0061.jp2)
  27. 4.3 流出成分の分離について / p56 (0066.jp2)
  28. 4.4 まとめ / p60 (0070.jp2)
  29. 5 モデルの実流域への適用 / p62 (0072.jp2)
  30. 5.1 魚野川での洪水解析 / p62 (0072.jp2)
  31. 5.2 利根川での洪水解析 / p68 (0078.jp2)
  32. 5.3 渡川での洪水解析 / p72 (0082.jp2)
  33. 5.4 まとめ / p77 (0087.jp2)
  34. 6 結論 / p78 (0088.jp2)
  35. A 流域の抽出方法 / p81 (0091.jp2)
  36. B 本研究で得られた擬河道網 / p83 (0093.jp2)
  37. C 河道特性の流出への影響 / p91 (0101.jp2)
  38. D 謝辞 / p96 (0106.jp2)
  39. 参考文献 / p98 (0108.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076240
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076443
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240554
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ