高負荷油圧駆動装置の高出力化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 俊一 コバヤシ, シュンイチ

書誌事項

タイトル

高負荷油圧駆動装置の高出力化に関する研究

著者名

小林, 俊一

著者別名

コバヤシ, シュンイチ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第13号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 主要記号 / p7 (0006.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 従来の研究 / p7 (0011.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的および内容 / p9 (0012.jp2)
  7. 参考文献 / p10 (0013.jp2)
  8. 第1部 油圧モータの高圧化対処策―斜板式アキシアルピストンモータのピストン球部・スリッパ軸受に関して― / (0015.jp2)
  9. 第2章 ピストン球部・スリッパ軸受の構造解析(スリッパ軸受が油膜で浮いていない状態) / p17 (0016.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p17 (0016.jp2)
  11. 2.2 解析 / p18 (0017.jp2)
  12. 2.3 実験による検討 / p29 (0022.jp2)
  13. 2.4 結言 / p36 (0026.jp2)
  14. 参考文献 / p36 (0026.jp2)
  15. 第3章 ピストン球部・スリッパ軸受の構造解析(スリッパ軸受が油膜で浮いている状態) / p39 (0027.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p39 (0027.jp2)
  17. 3.2 解析 / p41 (0028.jp2)
  18. 3.3 実験による検討 / p67 (0041.jp2)
  19. 3.4 結言 / p73 (0044.jp2)
  20. 参考文献 / p74 (0045.jp2)
  21. 第2部 減速機の潤滑油かくはん損失の低減方策 / (0046.jp2)
  22. 第4章 減速機内部潤滑油流れ挙動の考察 / p79 (0047.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p79 (0047.jp2)
  24. 4.2 実験装置および方法 / p80 (0048.jp2)
  25. 4.3 低速回転時での流れ挙動 / p90 (0053.jp2)
  26. 4.4 高速運転時での流れ挙動 / p117 (0066.jp2)
  27. 4.5 潤滑油量に対する流れ挙動 / p125 (0070.jp2)
  28. 4.6 結言 / p132 (0074.jp2)
  29. 参考文献 / p133 (0074.jp2)
  30. 第5章 減速機内部形状に対する潤滑油流れ挙動とかくはん損失の相関 / p135 (0075.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p135 (0075.jp2)
  32. 5.2 キャリア・ホールドフランジ形状変更 / p136 (0076.jp2)
  33. 5.3 内部循環流れ阻止板装着 / p143 (0079.jp2)
  34. 5.4 結言 / p149 (0082.jp2)
  35. 参考文献 / p149 (0082.jp2)
  36. 第6章 結論 / p151 (0083.jp2)
  37. 6.1 研究成果の総括 / p151 (0083.jp2)
  38. 6.2 今後の展望 / p155 (0085.jp2)
  39. 謝辞 / p157 (0086.jp2)
  40. 付録 FEMプログラム"MARC Ver.K3"の基礎理論と構成内容 / p159 (0087.jp2)
  41. 発表論文一覧 / p165 (0090.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076242
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076445
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240556
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ