鋼およびタングステン合金の衝撃荷重下における変形と破壊に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 訓 コバヤシ, サトシ

書誌事項

タイトル

鋼およびタングステン合金の衝撃荷重下における変形と破壊に関する研究

著者名

小林, 訓

著者別名

コバヤシ, サトシ

学位授与大学

長岡技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第17号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1・1 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1・2 衝撃力下の鋼材の塑性変形に関する従来の研究 / p1 (0005.jp2)
  5. 1・3 本研究の目的 / p5 (0009.jp2)
  6. 1・4 本論文の構成 / p6 (0010.jp2)
  7. 文献 / p8 (0012.jp2)
  8. 第2章 衝撃荷重による軟鋼の塑性変形 / p11 (0015.jp2)
  9. 2・1 緒言 / p11 (0015.jp2)
  10. 2・2 実験方法 / p12 (0016.jp2)
  11. 2・3 衝撃力により生じる弾性応力 / p15 (0019.jp2)
  12. 2・4 応力波の重畳による塑性波の発生 / p18 (0022.jp2)
  13. 2・5 塑性域発生に対する静荷重と衝撃荷重の等価性 / p22 (0026.jp2)
  14. 2・6 塑性域の表面状態 / p28 (0032.jp2)
  15. 2・7 結言 / p36 (0040.jp2)
  16. 文献 / p37 (0041.jp2)
  17. 第3章 衝撃荷重による塑性域発生に及ぼす2個の試験片の接触状態の影響 / p38 (0042.jp2)
  18. 3・1 緒言 / p38 (0042.jp2)
  19. 3・2 実験方法 / p39 (0043.jp2)
  20. 3・3 衝撃力による弾塑性波発生伝播に及ぼす複数個の試験片の接触状態の影響 / p41 (0045.jp2)
  21. 3・4 静荷重作用下の衝撃力による塑性域発生 / p46 (0050.jp2)
  22. 3・5 塑性域発生に対する試験温度の効果 / p51 (0055.jp2)
  23. 3・6 塑性域の表面状態 / p56 (0060.jp2)
  24. 3・7 結言 / p61 (0065.jp2)
  25. 文献 / p62 (0066.jp2)
  26. 第4章 衝撃荷重による切欠き材の塑性変形 / p63 (0067.jp2)
  27. 4・1 緒言 / p63 (0067.jp2)
  28. 4・2 試験片準備と実験方法 / p64 (0068.jp2)
  29. 4・3 切欠き材の弾性波重畳による応力上昇 / p66 (0070.jp2)
  30. 4・4 試験片のひずみと切欠き部周辺のひずみ分布 / p71 (0075.jp2)
  31. 4・5 ひずみ分布に及ぼす切欠きと試験片端面の干渉 / p83 (0087.jp2)
  32. 4・6 結言 / p86 (0090.jp2)
  33. 文献 / p86 (0090.jp2)
  34. 第5章 焼入れ焼戻し鋼の衝撃荷重による塑性域発生 / p88 (0092.jp2)
  35. 5・1 緒言 / p88 (0092.jp2)
  36. 5・2 供試材料 / p89 (0093.jp2)
  37. 5・3 有限長試験片の塑性波 / p91 (0095.jp2)
  38. 5・4 塑性域長さとひずみの理論的関係 / p94 (0098.jp2)
  39. 5・5 塑性域長さとひずみの実測値 / p97 (0101.jp2)
  40. 5・6 塑性域のはりだし量と硬度分布 / p101 (0105.jp2)
  41. 5・7 結言 / p107 (0111.jp2)
  42. 文献 / p108 (0112.jp2)
  43. 第6章 タングステン合金の衝撃荷重による変形と破壊 / p109 (0113.jp2)
  44. 6・1 緒言 / p109 (0113.jp2)
  45. 6・2 試験片準備と実験方法 / p110 (0114.jp2)
  46. 6・3 衝撃圧縮による試験片内の応力上昇と試験片表面のひずみ分布 / p116 (0120.jp2)
  47. 6・4 衝撃強度に及ぼす切欠き半径の影響 / p122 (0126.jp2)
  48. 6・5 破面観察 / p124 (0128.jp2)
  49. 6・6 破断面近傍の塑性ひずみ分布 / p127 (0131.jp2)
  50. 6・7 破断に要する仕事の推定 / p131 (0135.jp2)
  51. 6・8 結言 / p140 (0144.jp2)
  52. 文献 / p142 (0146.jp2)
  53. 第7章 結論 / p143 (0147.jp2)
  54. 謝辞 / p148 (0152.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076246
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076449
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240560
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ