連続化プロセスにおける薄鋼板のプレス成形性改善に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 塚谷, 一郎 ツカタニ, イチロウ

書誌事項

タイトル

連続化プロセスにおける薄鋼板のプレス成形性改善に関する研究

著者名

塚谷, 一郎

著者別名

ツカタニ, イチロウ

学位授与大学

立命館大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第107号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的と意義 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 自動車用薄鋼板の特徴とその開発経過 / p5 (0007.jp2)
  5. 1.3 本論文の概要 / p10 (0010.jp2)
  6. 第2章 複合組織高強度熱延鋼板の機械的性質におよぼす凝固時冷却速度およびホットチャージ条件の影響 / p13 (0011.jp2)
  7. 2.1 緒言 / p13 (0011.jp2)
  8. 2.2 実験方法 / p14 (0012.jp2)
  9. 2.3 実験結果 / p19 (0014.jp2)
  10. 2.4 考察 / p32 (0021.jp2)
  11. 2.5 まとめ / p38 (0024.jp2)
  12. 第3章 深絞り用冷延鋼板の機械的性質におよぼす凝固時冷却速度およびホットチャージ条件の影響 / p40 (0025.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p40 (0025.jp2)
  14. 3.2 実験方法 / p40 (0025.jp2)
  15. 3.3 実験結果 / p43 (0027.jp2)
  16. 3.4 考察 / p52 (0031.jp2)
  17. 3.5 まとめ / p58 (0034.jp2)
  18. 第4章 超高延性高強度冷延鋼板の機械的性質におよぼす凝固時冷却速度およびホットチャージ条件の影響 / p59 (0035.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p59 (0035.jp2)
  20. 4.2 超高延性高強度冷延鋼板の開発 / p61 (0036.jp2)
  21. 4.3 連続鋳造-熱間圧延・直結化条件の確立 / p93 (0052.jp2)
  22. 4.4 まとめ / p99 (0055.jp2)
  23. 第5章 巻取省略工程における超深絞り用冷延鋼板の開発 / p101 (0056.jp2)
  24. 5.1 緒言 / p101 (0056.jp2)
  25. 5.2 実験方法 / p102 (0057.jp2)
  26. 5.3 実験結果 / p102 (0057.jp2)
  27. 5.4 考察 / p121 (0066.jp2)
  28. 5.5 まとめ / p133 (0072.jp2)
  29. 第6章 ストリップキャスタ法による深絞り用冷延鋼板の開発 / p135 (0073.jp2)
  30. 6.1 緒言 / p135 (0073.jp2)
  31. 6.2 実験方法 / p135 (0073.jp2)
  32. 6.3 実験結果 / p137 (0074.jp2)
  33. 6.4 考察 / p147 (0079.jp2)
  34. 6.5 まとめ / p151 (0081.jp2)
  35. 第7章 総括 / p152 (0082.jp2)
  36. 参考文献 / p156 (0084.jp2)
  37. 謝辞 / p162 (0087.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076403
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076606
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240717
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ