排水処理装置内の混相流の混合流動特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 村上, 光正, 1941- ムラカミ, ミツマサ

書誌事項

タイトル

排水処理装置内の混相流の混合流動特性に関する研究

著者名

村上, 光正, 1941-

著者別名

ムラカミ, ミツマサ

学位授与大学

姫路工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第18号

学位授与年月日

1991-04-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1編 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 参考文献 / p7 (0008.jp2)
  4. 第2編 活性汚泥法曝気槽の混合流動特性 / p8 (0009.jp2)
  5. 第1章 実験装置および方法 / p10 (0010.jp2)
  6. 1.1 曝気槽 / p10 (0010.jp2)
  7. 1.2 塩濃度の高速マルチチャンネル測定 / p12 (0011.jp2)
  8. 1.3 流れ方向と流速の測定 / p19 (0014.jp2)
  9. 第2章 片側旋回流の混合特性 / p21 (0015.jp2)
  10. 2.1 二次元曝気槽の混合特性 / p21 (0015.jp2)
  11. 2.2 主旋回域-コア域モデル / p23 (0016.jp2)
  12. 2.3 結言 / p27 (0018.jp2)
  13. 第3章 旋回流のセル構造 / p29 (0019.jp2)
  14. 3.1 二次元槽におけるフローパターン / p29 (0019.jp2)
  15. 3.2 三次元槽旋回流のセル構造 / p31 (0020.jp2)
  16. 3.3 結言 / p41 (0025.jp2)
  17. 主な記号 / p42 (0026.jp2)
  18. 参考文献 / p42 (0026.jp2)
  19. 第3編 固定床式曝気槽の混合流動特性 / p44 (0027.jp2)
  20. 第4章 実験装置および方法 / p46 (0028.jp2)
  21. 4.1 混合拡散実験の装置と方法 / p46 (0028.jp2)
  22. 4.2 気液二相流実験の装置と方法 / p47 (0028.jp2)
  23. 4.3 半径方向のガスホールドアップおよび液流速の測定 / p52 (0031.jp2)
  24. 第5章 固定床式曝気槽の混合特性 / p54 (0032.jp2)
  25. 5.1 一次元循環混合モデル / p54 (0032.jp2)
  26. 5.2 ろ床部の拡散係数 / p55 (0032.jp2)
  27. 5.3 実験値と計算値の比較 / p56 (0033.jp2)
  28. 5.4 結言 / p60 (0035.jp2)
  29. 第6章 気泡流の電気抵抗とガスホールドアップ / p61 (0035.jp2)
  30. 6.1 気泡流の電気抵抗 / p62 (0036.jp2)
  31. 6.2 定電流法によるガスホールドアップの測定 / p66 (0038.jp2)
  32. 6.3 結言 / p72 (0041.jp2)
  33. 第7章 電磁流量計を用いた気液上昇並流のガスホールドアップの測定法 / p73 (0041.jp2)
  34. 7.1 電磁流量計の試作 / p74 (0042.jp2)
  35. 7.2 流動様式と測定精度 / p81 (0045.jp2)
  36. 7.3 気泡流における半径方向気泡分布と測定精度 / p89 (0049.jp2)
  37. 7.4 結言 / p91 (0050.jp2)
  38. 第8章 エアリフト部の摩擦損失とポンプ効率 / p93 (0051.jp2)
  39. 8.1 中径管の摩擦損失 / p94 (0052.jp2)
  40. 8.2 エアリフト部のポンプ効率 / p97 (0053.jp2)
  41. 8.3 結言 / p114 (0062.jp2)
  42. 主な記号 / p116 (0063.jp2)
  43. 参考文献 / p118 (0064.jp2)
  44. 第4編 プラスチック流動床生物膜法 / p121 (0065.jp2)
  45. 第9章 流動床の流動理論 / p122 (0066.jp2)
  46. 9.1 流動床のフローパターン / p122 (0066.jp2)
  47. 9.2 最小流動化通気量 / p123 (0066.jp2)
  48. 第10章 実験装置および方法 / p127 (0068.jp2)
  49. 10.1 予備実験装置 / p127 (0068.jp2)
  50. 10.2 本実験装置 / p127 (0068.jp2)
  51. 10.3 都市下水の処理実験 / p128 (0069.jp2)
  52. 10.4 合成下水と種汚泥 / p128 (0069.jp2)
  53. 10.5 流動床担体 / p129 (0069.jp2)
  54. 10.6 測定項目および方法 / p129 (0069.jp2)
  55. 第11章 担体の流動と生物膜の生成 / p130 (0070.jp2)
  56. 11.1 担体の流動 / p130 (0070.jp2)
  57. 11.2 生物膜の生成 / p131 (0070.jp2)
  58. 11.3 結言 / p133 (0071.jp2)
  59. 第12章 下水の処理試験 / p135 (0072.jp2)
  60. 12.1 担体のみによる処理 / p135 (0072.jp2)
  61. 12.2 ショックロードテスト / p137 (0073.jp2)
  62. 12.3 都市下水の処理 / p137 (0073.jp2)
  63. 12.4 通気量 / p139 (0074.jp2)
  64. 12.5 担体の形状と処理能力、維持管理 / p139 (0074.jp2)
  65. 12.6 結言 / p140 (0075.jp2)
  66. 主な記号 / p141 (0075.jp2)
  67. 参考文献 / p141 (0075.jp2)
  68. 総括 / p143 (0076.jp2)
  69. Appendix / p147 (0078.jp2)
  70. Appendix1 塩濃度多点測定法のタイム・チャート / p147 (0078.jp2)
  71. Appendix2 塩濃度多点測定法のマルチプレクサ回路 / p148 (0079.jp2)
  72. Appendix3 塩濃度多点測定法の信号の処理 / p149 (0079.jp2)
  73. Appendix4 電磁流量計用電磁コイルの設計 / p151 (0080.jp2)
  74. 謝辞 / p153 (0081.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076408
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000998486
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000240722
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ