正常ラット副腎およびヒト副腎におけるカテコールアミンα受容体の研究

この論文をさがす

著者

    • 古田, 秀勝 フルタ, ヒデカツ

書誌事項

タイトル

正常ラット副腎およびヒト副腎におけるカテコールアミンα受容体の研究

著者名

古田, 秀勝

著者別名

フルタ, ヒデカツ

学位授与大学

富山医科薬科大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第106号

学位授与年月日

1989-10-25

注記・抄録

博士論文

副腎髄質から分泌されるカテコールアミンは,標的臓器の血管平滑筋のカテコールアミン受容体と結合し主としてvasoactiveな効果を発現する。カテコールアミン受容体は,様々な組織に幅広く存在すると考えられている。副腎皮質においてはα受容体刺激によりアルドステロン分泌が増強することからα受容体が存在する可能性が推測されている。交感神経節後線維末端では,カテコールアミン分泌に対するnegative feedback機構にシナプス前アドレナリン作動性α_2受容体が関与するといわれている。交感神経線維と副腎髄質のクローム親和性細胞は,その発生原基が同一であることから,副腎髄質からのカテコールアミシ分泌をmodulateするα受容体が副腎においても存在することが推測される。そこで,われわれは,^3H-prazosin,^3H-yohimbineを用いたradioligand receptor assayという直接的な方法によりラットならびにヒト副腎においてα_1,α_2受容体が存在するか否かを検討した。

富山医科薬科大学・医学博士・乙第106号・古田秀勝・1989/10/25

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 実験 / p3 (0007.jp2)
  4. (1)材料および方法 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.ラット副腎の摘出 / p3 (0007.jp2)
  6. 2.ヒト副腎の摘出 / p3 (0007.jp2)
  7. 3.副腎受容体標本の作製 / p4 (0008.jp2)
  8. 4.radioligand binding assayの方法 / p5 (0009.jp2)
  9. 結果 / p8 (0012.jp2)
  10. 1.ラット副腎膜分画のtime course / p8 (0012.jp2)
  11. 2.ラット副腎膜分画のsaturation binding curve / p9 (0013.jp2)
  12. 3.ラット副腎膜分画へのradio-ligand binding curve / p9 (0013.jp2)
  13. a.³H-prazosin結合に対するnor-epinephrineを使用した置換曲線 / p10 (0014.jp2)
  14. b.³H-yohimbine結合に対するclonidineを使用した置換曲線 / p10 (0014.jp2)
  15. 4.ヒト副腎ならびにヒト褐色細胞腫膜分画のsaturation binding assay / p11 (0015.jp2)
  16. a.ヒト副腎皮質膜分画に対して / p11 (0015.jp2)
  17. b.ヒト副腎髄質膜分画に対して / p11 (0015.jp2)
  18. c.ヒト褐色細胞腫膜分画に対して / p12 (0016.jp2)
  19. 考察 / p14 (0018.jp2)
  20. 結語 / p18 (0022.jp2)
  21. 文献 / p19 (0023.jp2)
  22. 表1 / p22 (0026.jp2)
  23. 図1 / p23 (0027.jp2)
  24. 図2 / p24 (0028.jp2)
  25. 図3 / p25 (0029.jp2)
  26. 図4 / p26 (0030.jp2)
  27. 図5 / p27 (0031.jp2)
  28. 図6 / p28 (0032.jp2)
  29. 図7 / p29 (0033.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000076470
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000076673
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000240784
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ